肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性がある | 海外がん医療情報リファレンス

肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性がある

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性がある

キャンサーコンサルタンツ

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、殺細胞性化学療法剤を体重から算出した最大投与量で肥満患者の治療に使用することを推奨するガイドラインを採用することになった。肥満患者が不十分な化学療法剤の投与を受けることが多いことを示すデータの結果から、このような推奨が行われた。

 

医師は理想体重に基づいた化学療法剤を投与することが多いか、もしくは副作用に対する懸念から、化学療法剤の投与量を制限することがある。一部の医師は、体重に基づいた標準的な算出法に従うと、患者に過量投与してしまうことになり、さまざまな問題が生じるのではないかと恐れている。その結果、現在多くの肥満患者が不十分な化学療法剤の投与しか受けておらず、肥満患者における死亡率および再発率が高い。

 

実際に、実体重に基づいていない不十分な量の化学療法剤の投与を受けている患者が最大で肥満患者の40%存在し、このような肥満患者は、実体重に合った投与量の85%以下の用量で投与を受けていることを示すデータがある。多くの医師が、高用量投与が心臓に悪影響を及ぼす可能性を危惧しているが、これを裏づけるデータはない。

 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、この問題を検討するための専門家による委員会を招集し、体重から算出した最大投与量の化学療法剤を投与された肥満患者において、短期または長期の毒性が増加したことを示すエビデンスがないこと明らかにした。実際に、体重から算出した最大投与量の化学療法剤を投与された肥満患者では、対照となる肥満ではない患者と比べて骨髄抑制(血球数の減少)の頻度が同じであるか低いことがわかった。

 

委員会は、特定の化学療法剤を使用する場合または糖尿病や心臓病のような合併症がみられる場合を除いて、化学療法剤の固定化された量での投与が正当化されることは滅多にないことを明らかにした。

 

専門家らは、肥満患者において毒性または過量投与に関する懸念は根拠がないとの見解を示している。治療に由来する毒性が肥満患者にみられる場合、肥満ではない患者と同じように対処する必要がある。

 

肥満患者は、体重から算出された化学療法剤の最大投与量について、医師と話し合うことが勧められる。

 

参考文献;
Griggs JJ, Mangu PB, Anderson H, et al. Appropriate Chemotherapy Dosing for Obese Adult Patients With Cancer: ASCO Practice Guideline. Journal of Clinical Oncology. 2012; 30(13): 1553-1561.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳寺本瑞樹

監修野長瀬祥兼 (腫瘍内科/近畿大学付属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他