[ 記事 ]

BRCA1遺伝子変異のある患者は、変異のない患者より予後が不良である(BRCA2遺伝子変異のある患者では差がない)

• BRCA1遺伝子変異のある患者は乳癌により死亡する可能性が1.2倍高くなる
• BRCA2遺伝子変異のある患者の生存では有意な差はない
• BRCA1遺伝子変異のある患者ではER(エストロゲン受容体)陽性乳癌の割合は低い

 

ワシントンDCで4月6日から10日にかけて開催された2013年AACR年次総会において発表されたオランダの大規模試験データによると、BRCA1遺伝子変異のある乳癌患者では、BRCA変異のない患者と比較し、全生存率および無再発生存率が有意に低いことがわかった。しかし、BRCA2遺伝子変異のある患者とBRA遺伝子変異のない患者間で生存率の差はなかった。

 

アムステルダムのオランダ癌研究所Experimental Therapy DivisionグループリーダーであるMarjanka M. K. Schmidt博士によると、BRCA1またはBRCA2遺伝子変異のある女性とBRCA変異のない女性(非保因者)との間の生存率の差を研究した今までの研究には矛盾がみられる。「われわれはバイアスの少ない大規模なBRCA1/2遺伝子型乳癌患者のコホートの一つから得たデータを解析しました」とSchmidt博士は述べた。

 

博士らは、50歳前に乳癌と診断され、オランダの10カ所の癌クリニックのいずれかで治療を受けた患者5518人のBRCA遺伝子の状態と生存率を評価したところ、患者の3.6%からBRCA1遺伝子変異、1.2%からBRCA2遺伝子変異が見つかった。

 

研究者らはBRCA1またはBRCA2に由来する78種の遺伝子変異について患者の検体を検査し、これらを長期転帰と関連づけた。観察期間は平均11.3年であった。ER陽性腫瘍の割合は、非保因者の腫瘍(86%)およびBRCA2遺伝子変異のある患者の腫瘍(81%)では同程度であったが、BRCA1遺伝子変異のある患者の腫瘍では少なかった(29%)。

 

データによれば、BRCA1遺伝子変異のある女性では非保因者と比較し、乳癌の再発は1.5倍、乳癌により死亡する可能性は1.2倍高くなった。BRCA2 遺伝子変異のない患者では非保因者と比較して、生存率の悪化を示す証拠は得られなかった。

 

予備解析では、生存におけるBRCA1の影響は、腫瘍の特性による補正を行っても変わらなかった。「しかし、今回の再検討により、腫瘍の特性による補正を行うとBRCA1による影響は小さくなることがわかりました。BRAC1遺伝子変異保有者で生存が悪化する理由の一部については腫瘍の特性、および遺伝子変異そのものにより説明できる可能性があります」とSchmidt博士は述べた。

 

Schmidt博士によれば、BRCA1遺伝子変異保有者と非保因者では生存率に差があることから、ある程度までは、治療が患者にどちらの変異があるかで決まることが明らかになった可能性がある。

 

「現在、患者の治療は腫瘍の特性に基づいて行われており、予防対策や、臨床試験におけるPARP阻害剤などは別として、BRCA遺伝子の状態に基づいて行われているのではありません。腫瘍特性とは無関係に、BRCA遺伝子の状態により予後を予測することが可能ならば、予測モデルとして検討され、治療法の決定に役立つ可能がありあます」と博士は述べた。

 

# # #

AACRについて
1907年に設立された米国癌学会(AACR)は、世界初かつ最大の専門家組織で、癌研究および癌の予防と治療という使命の推進に尽力している。AACRの会員は、90カ国以上、34,000人にのぼり、基礎研究、トランスレーショナル研究および臨床研究に関わる研究者、人口動態研究者、他の医療従事者および癌患者支援者から成る。AACRは、癌関連のあらゆる分野の専門知識を結集し、年間20以上の学会および教育ワークショップを開催して癌の予防、生物学、診断および治療における進歩を促している。最大の学会はAACR年次集会で、17,000人以上が参加する。さらにAACRはピアレビュー学術誌7誌と癌サバイバー、癌患者、および介護者向けの雑誌を発行している。AACRは、価値ある研究に対して資金を直接提供しているほか、多数の癌関連機関と連携して研究助成金を提供している。AACRは、Stand Up To Cancerの学術パートナーとして、癌患者に利益があると見込まれる個人およびチームの研究について、専門家による査読、資金の管理や授与、科学的な監視を行っている。AACRは、癌から命を守るための癌研究および関連のある生物医学の意義について、議員や政策立案者と積極的に意見交換を行っている。

 

翻訳担当者小縣正幸

監修原 文堅(乳癌/四国がんセンター)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事