代謝物測定による新規診断検査法が膵臓癌の早期発見につながる可能性 | 海外がん医療情報リファレンス

代謝物測定による新規診断検査法が膵臓癌の早期発見につながる可能性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

代謝物測定による新規診断検査法が膵臓癌の早期発見につながる可能性

米国がん学会(AACR)

•この検査法には患者の血中の特定の代謝物濃度の測定が必要
• 新規診断検査法は高い感度および特異性を示す

 

網羅的な代謝物の解析(メタボローム解析)と呼ばれる新しい科学技術を用いた診断検査が、膵臓癌を早期に検出して患者の予後を改善する、安全で簡便なスクリーニング法となる可能性がある。

 

研究者らによる、膵臓癌の診断法としてのメタボローム解析の有用性を検討し、新しい手法として検証した試験結果が、米国癌学会(AACR)誌であるCancer Epidemiology, Biomarkers & Preventionに掲載された。

 

「外科手術は膵臓癌の根治治療ではありますが、80%以上の患者では、発見時にはすでに切除不可能な局所進行性腫瘍または転移性腫瘍となっています」。と神戸大学大学院医学研究科准教授病因病態解析学分野長の吉田優医師は述べた。「従来から用いられている血液検査や、画像診断、内視鏡による検査は膵臓癌のスクリーニングおよび早期発見には適さず、膵臓癌の新しいスクリーニング法、診断法が早急に求められています」。

 

研究者らは、ガスクロマトグラフィー/質量分析法を用いて、膵臓癌患者、慢性膵炎患者、および健康被験者の血中代謝物の濃度を測定した。膵臓癌患者43人および健康被験者42人を初回測定対象群に、また膵臓癌患者42人、健康被験者41人を検証用測定対象群に無作為に割り付けた。慢性膵炎患者23人はすべて検証用測定対象群に割り付けた。

 

初回測定対象群から得られた代謝物の網羅的分析により、膵臓癌患者と健康被験者の血中で18種類の代謝物の濃度に有意差が認められた。膵臓癌の予測診断法を開発するために、4種類の代謝物濃度を評価し、さらに検討した。初回測定対象群においては、86%の感度および88.1%の特異度が得られた。検証用測定対象群により、再測定したところ、慢性膵炎も含めた患者全体において、この診断法は71.4%の感度および78.1%の特異度を示した。

 

「この血清メタボローム解析を用いた診断的手法は、従来の腫瘍マーカーに比べ精度が高く、特に慢性膵炎患者も含む対象群における膵臓癌患者の診断において精度が高いです」と吉田氏は述べた。「この安全で簡便なスクリーニング法となる、新規の診断手法が、癌を早期発見し、切除が可能で、治癒が見込めることにより、膵臓癌患者の予後を改善することが期待されます」。

 

# # #

TwitterでAACRをフォロー:@aacr #aacr

FacebookでAACRをフォロー:http://www.facebook.com/aacr.org

AACRについて

1907年に設立された米国癌学会(AACR)は、世界初かつ最大の専門家組織で、癌研究および癌の予防と治療という使命の推進に尽力している。AACRの会員は、90カ国以上、34,000人にのぼり、基礎研究、トランスレーショナル研究および臨床研究に関わる研究者、人口動態研究者、他の医療従事者および癌患者支援者から成る。AACRは、癌関連のあらゆる分野の専門知識を結集し、年間20以上の学会および教育ワークショップを開催して癌の予防、生物学、診断および治療における進歩を促している。最大の学会はAACR年次集会で、17,000人以上が参加する。さらにAACRはピアレビュー学術誌7誌と癌サバイバー、癌患者、および介護者向けの雑誌を発行している。AACRは、価値ある研究に対して資金を直接提供しているほか、多数の癌関連機関と連携して研究助成金を提供している。AACRは、Stand Up To Cancerの学術パートナーとして、癌患者に利益があると見込まれる個人およびチームの研究について、専門家による査読、資金の管理や授与、科学的な監視を行っている。AACRは、癌から命を守るための癌研究および関連のある生物医学の意義について、議員や政策立案者と積極的に意見交換を行っている。

米国癌学会についての詳細はこちら:www.AACR.org

連絡先:

Jeremy Moore
(215) 446-7109
Jeremy.Moore@aacr.org

 

原文掲載日

翻訳古屋千恵

監修辻村信一(獣医学/農学博士/メディカルライター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  2. 2がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  5. 5FDAが特定の予後不良の急性骨髄性白血病に初めてVy...
  6. 6リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  7. 7BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  8. 8Ibrutinib
  9. 9若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  10. 10CDK4/6阻害薬に耐性を示す乳がんが複数出現

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他