FDAが急性および慢性疼痛の緩和を目的として硫酸モルヒネ内用液を承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが急性および慢性疼痛の緩和を目的として硫酸モルヒネ内用液を承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが急性および慢性疼痛の緩和を目的として硫酸モルヒネ内用液を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2010年1月26日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDAが急性および慢性疼痛の緩和を目的として硫酸モルヒネ内用液を承認 本承認はFDAの未承認薬に対する取組みの一環

米国食品医薬品局(FDA)は、オピオイドに忍容性のある患者における中等度〜重度の急性および慢性疼痛の緩和を目的として硫酸モルヒネ内用液を承認した。本剤は、100 mg/5 mLまたは20 mg/1 mLで使用できる。 これは、FDAが承認したもののうち、この濃度での使用が可能な唯一の硫酸モルヒネ内用液である。疼痛管理のための本剤の使用は長年一般的であったものの、モルヒネのこの剤形と濃度はこれまでFDAには承認されていなかった。 本日の承認は、FDAの未承認薬に対する取組みの一環である。このプログラムの一環としてFDAは、今回の承認薬の製造会社であるRoxane Laboratories社と連携し、患者が十分な量の薬剤を使用できるように取り組んだ。FDAはまた、患者の団体や医師、薬剤師らが使用可能な承認薬の情報を入手したり使用上の問題があった場合はFDAに連絡したりできるように連携していく予定である。 「未承認薬に対する取組みの重要な目的は、市販薬が現行のFDA基準を満すことを確実にすることである。われわれが本日行ったことは、企業が確実に法律を遵守することと患者が確実に必要な医薬品を使用できるようにすることとの間で、非常につり合いがとれている」とFDAの医薬品評価研究センター副所長のDouglas Throckmorton氏は述べた。 FDA承認プロセスの有益性の一つは、製造会社に対して薬剤の安全な処方方法や使用法に関する十分な情報を提供するよう要求できることである。製造会社はまた、薬剤のまれな危険性を管理するための追加の安全措置も行わなければならない場合がある。モルヒネのこの剤形に関して、製造会社はモルヒネの誤用、乱用、過剰投与の既知のリスクに対応するため、安全性プログラムを承認前に作成しなければならなかった。 詳細は下記を参照のこと。 March 31, 2009 Warning Letters, companies, and affected products

http://www.fda.gov/Drugs/GuidanceComplianceRegulatoryInformation/EnforcementActivitiesbyFDA/SelectedEnforcementActionsonUnapprovedDrugs/ucm118712.htm

List of FDA-approved drug products

http://www.accessdata.fda.gov/scripts/cder/drugsatfda/index.cfm

******

注:本報道発表は、承認が2010年1月25日に行われたため修正された。

******

****** 湖月 みき 訳 林 正樹 (血液/腫瘍内科医) 監修 ******


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他