がんの身体的影響―女性の不妊 | 海外がん医療情報リファレンス

がんの身体的影響―女性の不妊

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

がんの身体的影響―女性の不妊

LIVESTRONG

LIVESTRONG
> 支援を得る(Get Help) > Learn About Cancer > がんについて学ぶ(Learn About Cancer) > がん支援のためのトピックス(Cancer Support Topics) > がんの身体的影響(Physical Effects of Cancer)
LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。

 

女性の不妊

 女性のがんサバイバーが、がん治療の影響によって子供を持つことができないことに後になってから気づく場合があります。不妊に対するリスクを事前に認識していれば、治療前に手段を講じて妊孕性(にんようせい:妊娠する能力)を温存することができます。すでに治療を終了したサバイバーには、挙児(子供をもつこと)のための別の選択肢もあります。

 

女性の不妊:詳細情報

 ここには女性の不妊についての一般的な内容が記載されています。サバイバーの人生に影響を与えるこの重要な問題について知っておくためのスタート地点となり、そこからさらに学べる情報源を提供することを目的としています。これらの情報は、医学的、法的、経済的な専門のアドバイスとして提供するものではありません。詳細については、熟練した専門家にご相談ください。どのような質問をすればよいか、さらに詳細な情報が知りたい場合は、「質問例」および「その他の情報源」をご覧ください。

 

がんや治療によって、女性サバイバーに不妊リスクが生じることがあります。

 一般的に不妊とは、妊娠できない、または、妊娠を維持できないことと定義されており、通常は、妊娠を試みながらもそういった状況が1年以上続くことと考えられます。

 

 がんサバイバーの不妊の原因はさまざまです。原則として、治療を開始する前に、リスクについて主治医に相談するのが一番です。しかし、すでに癌により、またはがん治療の影響で不妊となっているサバイバーにも選択肢が残されていることがあります。婦人科医や医療チームのその他のメンバーとの面談を設定し、不妊への懸念やあなたの疑問について相談してください。不妊治療クリニックやこの問題の専門家に紹介してもらうよう依頼してください。

 

 不妊の可能性が感情的な影響をもたらすことがあります。あなたが挙児を希望しているのであれば、不妊への懸念について考えると、悲しくなったり、取り乱したりするのは当然のことです。ここでは、子供をもつのが困難なサバイバーのために、不妊の身体的要因とその場合の選択肢について説明します。感情面への影響は取り上げていません。不妊が精神安定に影響していると思われる場合は、医療チームに相談してください。この種の問題について経験のある認定カウンセラーを紹介してもらってください。

 

不妊リスクがあるのはどのような人ですか?

以下の治療を受けた女性癌サバイバーは不妊のリスクがあります。

  • 生殖器に直接影響する治療
  • 子宮、卵管、または卵巣の切除手術
  • 腹部のがんを標的とした放射線治療

 また、一部の抗がん剤でも不妊になることがあります。この種の薬剤は、生殖器に影響する癌だけでなく、さまざまながんの治療に用いられることがあります。化学療法によって卵子の数が減少したり、早期に閉経したりすることがあります。卵巣に卵子が存在しなくなったために月経が止まると、閉経します。閉経しているということは、卵子が存在しないか、残っているわずかな卵子が正常ではないことを意味しています。

卵巣にダメージを与える可能性のある化学療法剤を下表に示します。治療中にどの薬剤を使用したかわからなければ、医療チームのメンバーにこの表について相談するといいでしょう。

 

卵巣の損傷リスク

一般名

 商品名

高リスク

シクロホスファミド

エンドキサン

高リスク

クロランブシル

ロイケラン(日本未発売)

高リスク

メルファラン

アルケラン

高リスク

ブスルファン

マブリン、ブスルフェクス

高リスク

ナイトロジェンマスタード

マスタージェン(日本未発売)

高リスク

プロカルバジン

プロカルバジン

中程度のリスク

シスプラチン

ブリプラチン、ランダ

中程度のリスク

アドリアマイシン

アドリアシン

中程度のリスク

ブレオマイシン

ブレオ

中程度のリスク

アクチノマイシンD

コスメゲン

低リスク

メソトレキサート

メソトレキセート

低リスク

5-フルオロウラシル

5-FU

不妊の症状はどのようなものですか?

 子供を作ろうとしても妊娠しないことから、はじめて妊よう性への影響に気づくサバイバーもいます。以下に不妊の症状を挙げますが、これらの症状があるからといって必ずしも不妊というわけではありません。その他の体調不良の症状かもしれません。

 

以下に該当する場合は医師に相談しましょう。

  • 月経周期が不規則
  • ホットフラッシュ(カーッと熱くなる)がある
  • 性行為時に痛みがある
  • 妊娠を試みているが、妊娠しない
  • 複数回の自然流産の経験がある

 思春期が過ぎて治療を始めた女性癌サバイバーには、治療中に月経が止まることが多いものです。これは必ずしも不妊の徴候ではありません。月経は治療終了後6カ月以内に戻ってきます。1年以内に月経が戻らない場合、不妊が懸念されます。これがあなたの心配事であれば、主治医に最終月経からの期間について話しましょう。これが不妊に関連する場合も、そうでない場合もあることを覚えておいてください。しかし、治療が必要な身体的問題があるかどうか調べることは重要です。

 治療後も卵子が正常で、すぐに妊娠できるサバイバーもいますが、胎児を臨月までお腹の中で育てられない問題が生じることもあります。これは通常、癌の治療によるものではありませんが、婦人科医と相談すべき問題です。

 医療チームはあなたが早期に閉経するか、またはすぐに閉経しそうかを調べる検査を行うかもしれません。不妊は閉経後または閉経前の数年以内に生じるはずで、それは卵子が存在しないか、残っているわずかな卵子が正常ではないためです。卵胞刺激ホルモン(FSH)測定は閉経期に入っているかどうかを判定する検査の1つです。FSHが高値の場合は、妊娠に卵子の提供が必要となる場合があります。

医療チームは、不妊の原因となるような卵管および子宮の損傷がないかどうか検査を実施するかもしれません。卵巣の損傷は、癌に対する骨盤内または腹部手術によって生じることがあります。

 

がんサバイバーが妊よう性について考慮するのはいつが一番いいですか?

もしがんの治療をまだ始めていないのであれば、開始前に生殖機能に関するリスクについて不妊治療専門医に相談してみましょう。できるだけ早く主治医に紹介をお願いしてみてください。

すでに治療を終了している場合は、子供が欲しいと決めたらできるだけ早く医療チームに不妊の懸念について相談してください。子供を作ろうとし始めてすぐに不妊治療専門医に診てもらうのが一番です。卵子がわずかしか残っていないかもしれないためです。もし卵子の数が少ないとしたら、妊娠が困難であるとわかる前に、卵子がなくなる可能性があります。

一般的に女性は、不妊治療専門医に診てもらう1年前から妊娠を試みているものですが、がんサバイバーはもっと早く専門医に相談したほうがいいでしょう。

 

がん治療前、治療中、治療後に妊孕性を温存したいと考えるサバイバーになにかアドバイスはありますか?

 がん治療による生殖機能への影響についてさらに知りたい場合は、医療チームに尋ねてみてください。あなたの状況に合った最善の方法を教えてくれる不妊治療専門医を探してくれるようにお願いしてみてください。

 

医療チームに相談する不妊治療の選択肢は以下のとおりです。

  • 体外受精(閉経していない場合)
  • ドナー胚
  • ドナー卵
  • 卵巣自家移植(実験的)
  • 代理母
  • 養子縁組

本文書はKutluk Oktay医師(米国産婦人科医師会会員、Weill Medical College of Cornell University、Obstetrics, Gynecology, and Reproductive Medicine, Center for Reproductive Medicine & Infertility准教授)の協力のもと作成。

引用文献

Oktay K and Karlikaya G. Ovarian function after autologous transplantation of frozen-banked human ovarian tissue. N Engl J Med, 342:1919, 2000.

Oktay K., Economos K, Rucinski J, Kan M, Veeck L, Rosenwaks Z. Endocrine function and oocyte retrieval after autologous transplantation of ovarian cortical pieces to the forearm. JAMA, 286:1490-1493, 2001.

Oktay K, Buyuk E, Davis O, Yermakova I, Veeck L, Rosenwaks Z. Fertility preservation in breast cancer patients: In vitro fertilization and embryo cryopreservation after ovarian stimulation with tamoxifen. Human Reprod 2003; 18(1):90-95.

Bines J, Oleske DM, Cobleigh MA. Ovarian function in premenopausal women treated with adjuvant chemotherapy for breast cancer. J Clin Oncol. 1996 May; 14(5):1718-29.

Meirow D, Nugent D. The effects of radiotherapy and chemotherapy on female reproduction. Hum Reprod Update. 2001 Nov-Dec; 7(6):535-43.

Goodwin PJ, Ennis M, Pritchard KI, Trudeau M, Hood N. Risk of menopause during the first year after breast cancer diagnosis. J Clin Oncol. 1999 Aug; 17(8):2365-70.

表: 性腺への毒性の程度に応じた細胞毒性薬剤の分類

女性の不妊症:アドバイス

 以下のアドバイスは、「詳細情報」の情報に基づいています。学んだことを理解し、その情報を必要性に合わせて応用するのに役立ちます。この情報は、医学的、法的、経済的な専門的アドバイスとして提供するものではありません。詳細については、熟練した専門家にご相談ください。情報のリンク先については「その他の情報源」をご覧ください。

妊孕性の不安について医療チームに話しましょう。

 性の健康について医療チームに話すのは難しい、あるいは不快に感じるかもしれません。この話題は、非常に個人的なものですが、医療チームへの相談は、あなたが必要とする支援を得る唯一の方法です。なるべく早く不妊について支援を得ることが重要です。

治療を始める前に医療チームに以下の質問をしてください。

  • この治療は妊孕性に影響しますか。
  • 妊孕性に対する副作用の少ない癌の治療法は他にありますか。
  • 妊孕性を維持する処置を受けるために、癌の治療を安全に遅らせることはできますか。

治療後に医療チームに尋ねる質問には以下のようなものがあります。

  • 私にとって不妊治療に必要なホルモン剤の使用は安全ですか。
  • 私にとって妊娠は安全ですか。
  • どのくらい経ってから子作りを始めるべきですか。

 すでにがん治療を終了していて、妊娠について初めて考えている場合は、腫瘍専門医との面談を設定してください。これまでに受けた癌の治療とそれが妊よう性に及ぼす可能性について相談してください。妊よう性には影響がない可能性もあります。不妊リスクがある場合、腫瘍専門医は適切な不妊治療専門医を紹介してくれます。

不妊治療クリニックを探しましょう。

 主要ながんセンターにある不妊治療クリニックには、癌サバイバーの治療経験のある専門家がいる可能性が高いです。あなたが通院しているがんセンターや病院に附属の不妊治療クリニックがなく、専門家がいなければ、不妊治療も行っている他のがん治療病院を紹介してもらいましょう。

不妊治療専門医に以下のような質問をしましょう。

  • がんサバイバーの治療経験がありますか。
  • お勧めの不妊治療は私が加入している健康保険の対象となりますか。もしならなければ、費用はいくらぐらいですか。
  • この種の保存手技(卵子・卵巣組織・受精卵の凍結保存など)の経験はありますか。

不妊治療プログラムに関する情報は、Society of Assisted Reproductive Technologyのサイト(www.sart.org)やFertile Hope(www.fertilehope.org)を通じてインターネットで入手することもできます。

女性の不妊症:その他の情報

前章では、詳細情報、アドバイス、このトピックに関連した質問について述べています。本章では、サバイバーががんと付き合う上で役立つ支援や良質のサービスを提供する、その他の情報を紹介します。

LIVES Care Plan
www.LIVESTRONGcareplan.org

この無料のオンラインツールは、がん治療後の自分に合ったプランを立てるのに役立つよう作成されました。あなたが腫瘍専門医やかかりつけ医と協力して、がん治療終了後に起きる医学的、感情的、社会的問題に対処するのに役立ちます。あなたのがん治療に関するいくつかの質問に答えると、あなたの経過観察上の注意点についての情報が得られます。今後気をつけるべき症状や健康維持のための対策などの情報があります。

LIVESTRONG Navigation Services
LIVESTRONG.org/Get-Help

Email:

LIVESTRONG のウェブサイトからメールを送信してください。

電話:

855.220.7777(英語、スペイン語)

 

受付コーディネーターが月~金曜日の9時~17時(中部標準時)の間対応します。時間外はボイスメールが利用できます。

LIVESTRONGは、がん患者本人、家族、看護者、友人などがんにかかわる人の支援をしています。そのプログラムでは、不妊リスクと妊孕性温存方法、治療の選択肢、健康状態の記載法、エントリーできる臨床試験情報を提供します。感情面のサポート、仲間同士のマッチング、経済的問題、雇用、保険についての問題の支援も受けられます。これらのサービスを提供するために、LIVESTRONGはImerman Angels、 Navigate Cancer Foundation、Patient Advocate Foundation、 EmergingMedなどの複数の団体と連携しています。

Cancer Hope Network
www.cancerhopenetwork.org

Email:

info@cancerhopenetwork.org

電話:

1-877-HOPE NET   (1-877-467-3638)
電話は月~金曜日、8時~17時30分(東部標準時)まで対応しています。時間外はボイスメールが利用できます。

Cancer Hope Networkは、がん患者やその家族と無料かつ機密で一対一のサポートを行う非営利団体です。同じようながんの経験をして回復した、訓練を受けたボランティアを癌患者やその家族とマッチングするサポートを行っています。電話または電子メールで依頼できます。ボランィテアが24時間以内に折り返し連絡します。

Fertile Hope
www.fertilehope.org

Email:

fertilehope@fertilehope.org

電話:

1-888-994-2353

 Fertile Hopeは、治療による不妊リスクのあるがん患者への情報、支援、希望を提供することを目的とする国立の非営利団体です。Fertile Hopeは、啓蒙、教育、経済的支援、サポート、研究といったプログラムを通じてがん患者やその家族に協力しています。Fertile Hopeは読んだり、注文したりできるさまざまな無料の出版物を作成しています。レクチャーや電話会議、イベントの動画をダウンロードすることもできます。

MyOncofertility.org
www.myoncofertility.org

 MyOncofertility.orgは、Oncofertility Consortiumが提供する患者教育情報です。このウェブサイトでは、治療前、治療中、治療後の妊孕性温存について若年成人を教育するための情報やツールを提供しています。シカゴのGilda’s Clubを通じて得られた妊孕性についての問題に関するサバイバー向け動画などの情報があります。126人の不妊治療専門家の動画と90人のサバイバーのストーリーが掲載されています。

RESOLVE: The National Infertility Association
www.resolve.org

Email:

info@resolve.org

電話:

1-703-556-7171

 RESOLVE:National Infertility Associationでは、不妊治療に取り組む人の支援・教育・擁護を行っています。サイトでは、生殖補助技術、第三者による精子や卵子の提供、養子縁組、子供を持たない人生など、家族計画に関するすべての選択肢についてタイムリーな情報を提供しています。本ウェブサイトでは、地域の RESOLVE 支援グループ、教育イベント、不妊診断や治療に対する州営医療保険の適用状況などの情報を掲載しています。さまざまなRESOLVEの出版物やインターネット上のソーシャルネットワーキングコミュニティもあります。

ociety of Assisted Reproductive Technology
www.sart.org

Email:

jzeitz@asrm.org

電話:

1-205-978-5000(内線 109)

 米国生殖医療補助学会(SART)は、不妊治療を行う医学専門家による組織です。SARTは、生殖補助技術実施の基準を普及・推進しています。サイトでは、体外受精、精子卵管内移植、卵管受精卵移植などの生殖補助技術についての情報を掲載しています。これらの情報には、生殖補助技術の手順についての段階的な説明や経済的および感情的影響両方の考察があります。お住まいの地域の不妊治療医師検索ツールやその他の情報へのリンクもあります。

原文ページ

***********
吉田 加奈子 訳
喜多川 亮(産婦人科/NTT東日本関東病院)監修
***********

原文掲載日

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他