免疫療法と化学療法併用レジメンが進行癌患者の生存を延長する可能性 | 海外がん医療情報リファレンス

免疫療法と化学療法併用レジメンが進行癌患者の生存を延長する可能性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

免疫療法と化学療法併用レジメンが進行癌患者の生存を延長する可能性

米国がん学会(AACR)

  • 低用量のインターロイキン-2と13-cisレチノイン酸がナチュラル「キラー」細胞を増加させた
  •  ステージ4の癌患者は併用療法の利益を受ける可能性
  •  併用療法を受けた患者の生存率が改善した

 

シカゴ - インターロイキン-2と13-cisレチノイン酸による維持療法が、高額な費用をかけずに様々な癌のステージ4患者の生存率を改善する方法かも知れないと、2012年3月31日から4月4日にシカゴで行われた米国癌学会(AACR)の年次総会で発表された。

 

イタリアのAvezzano市民病院の腫瘍内科部長Francesco Reehia医師は、ある悪性黒色腫の転移患者が通常の18M UI/m2の高用量インターロイキン-2投与を忍容できなくなった事例を経験した後、1995年から進行癌患者の維持療法を評価し始めた。

 

「患者は低用量の投与を受け、長期間にわたる良い反応を示した」と、同医師は述べた。

 

この観察の後、Recchia医師はインターロイキン-2単剤、あるいはレチノイン酸との併用でいくつかの試験を実施した。「中間結果が良かったので、化学療法で臨床的利益を得た80人の患者に対し、この薬剤の組み合わせで第2相試験を実施したところ、非常に興味深い結果がでた」

 

研究者らは、様々な種類の腫瘍を有するが、すべてステージ4の500人の癌患者を評価した。標準的な癌治療の後、患者は皮下への自己注射によるインターロイキン-2(1.8 x 106 IU)と経口レチノイン酸(0.5mg/kg)の投与を一週間に5日間、2週連続して実施して1週休薬するという、3週間サイクルを1年間割り当てられた。中央値60カ月の追跡調査の後、ナチュラル「キラー」細胞(抗腫瘍機能を有する免疫細胞)の数が増え、一方で血管内皮細胞増殖因子が減少していることが報告された。15年間の無病生存率は32.6%、全生存率は36.8%だった。

 

「これらの試験は期待を大きく上回る良い結果であり、この免疫療法レジメンを含めずにランダム化試験を実施するのは倫理に反すると感じた」と、Recchia医師は話した。「卵巣癌、非小細胞肺癌、肉腫の心臓転移、大腸癌、胃癌、腎細胞癌、悪性黒色腫、頭頸部癌、乳癌、膵臓癌、再発卵巣癌と、すべてのタイプの癌がこの免疫療法で利益を受けた」

 

異なる癌患者の母集団という制約はあったものの、研究者らは最も一般的な転移癌治療を受けた患者の5年全生存期間について、NCI(米国国立がん研究所)のSEER(Surveillance Epidemiology and End Results)データとの比較で、著しい改善があったと報告した。具体的には、乳癌(試験結果42.7%に対し、SEERデータ23.3%)、肺癌(26.4%に対し、3.6%)、大腸癌(43.6%に対し、11.7%)、腎細胞癌(23%に対し11%)。

 

インターロイキン-2を使用する免疫療法は新たなモノクロナール抗体に注目の座を奪われ、人気を失っていたとRecchia医師は語った。同医師の研究結果は有望ではあるが、臨床の場にこの維持療法レジメンを取り入れる前に、盲検化、対照化、ランダム化臨床試験を実施する必要がある。

 

# # #

ツイッターでAACRをフォロー:@aacr #aacr

フェイスブックでAACRをフォロー:http://www.facebook.com/aacr.org

米国癌学会(AACR:American Association for Cancer Research)は1907年に設立された世界で最も長い歴史を持つ最大の専門家機関であり、癌の予防と治療を使命とし、癌研究の推進に尽力している。AACRには90を超える国々から、基礎研究者、トランスレーショナル研究者、臨床研究者、ポピュレーション研究者、医療従事専門家、および癌支援者ら34,000人が参加している。AACRは年間に20以上の会議や教育ワークショップを開催し、癌の予防、生物学、診断、および治療の進歩を加速させるために、癌コミュニティーのあらゆる専門知識を結集する。最大規模である年次会議には18,000人を超える参加者が集まる。さらにAACRは7つのピアレビューのある科学誌および癌サバイバー、癌患者、介護者のための雑誌を発行している。AACRは直接、または多数の癌関連団体とともに、重要な研究に資金提供をしている。Stand Up To Cancerの科学パートナーとして、AACRは専門的立場からのピアレビュー、助成金の管理、患者に恩恵を与える可能性のある癌研究に対する個人向けおよび団体への助成に科学的な監視活動を実施している。AACRは癌から命を救うため、癌研究および関連するバイオ医療研究の価値について、積極的に議会及び行政に働きかけている。

AACRに関する情報は、www.AACR.org

 

原文掲載日

翻訳片瀬ケイ

監修大野 智(腫瘍免疫/早稲田大学・東京女子医科大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...
  9. 9治療が終了した後に-認知機能の変化
  10. 10FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他