[ 動画 ]

臨床試験の活性化

  • 2012年3月28日
  • 発信元:米国国立がん研究所(NCI)

日本語動画のURL:https://youtu.be/kTtnRJLrIuE

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
Christiana Care Community Oncology Program の試験医師で地域腫瘍医であるStephen Grubbs医師が、一般の病院でもがん患者に臨床試験を提供し、治療の選択肢を増すことの重要性について語ります。
 
臨床試験を支援する国の担当部門の役割が適正でない可能性、あるいは製薬やバイオテクノロジー部門に偏っている可能性についても問題提起しています。また市民のがんの生物学への理解の深まりが、開発が必要な臨床試験の種類に関してどのように影響するかも語っています。
【この字幕版は、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの”マイ・オンコロジー・ドリーム”助成金により日本癌医療翻訳アソシエイツが作成しました。】
 
◆─────────────────◆

日本語版公開日

翻訳担当者岡田章代

字幕指導瀧ノ島ルナ

監修大淵俊朗(呼吸器外科/福岡大学 医学部)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事