FDA医薬品安全性通達:腫瘍壊死因子(TNF) 阻害剤と小児悪性腫瘍リスクに関する最新情報 | 海外がん医療情報リファレンス

FDA医薬品安全性通達:腫瘍壊死因子(TNF) 阻害剤と小児悪性腫瘍リスクに関する最新情報

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDA医薬品安全性通達:腫瘍壊死因子(TNF) 阻害剤と小児悪性腫瘍リスクに関する最新情報

 2011年11月3日

原文

米国食品医薬品局(FDA)は、腫瘍壊死因子(TNF)阻害剤と小児、思春期小児および若年成人(30歳以下)における悪性腫瘍(癌)について継続中の安全性レビュー公開情報を更新した。FDAは、TNF阻害剤の製造元に対し、これらの製品の安全性調査を強化して実施するよう要請している。

強化された安全性調査では、製造元は悪性腫瘍発症例に関して徹底した追跡調査を行い、小児および若年成人の悪性腫瘍例を全例、迅速報告(認識してから15日以内)としてFDAに提出することとされている。製造元はまた、年次概要、悪性腫瘍の評価、ならびにTNF阻害剤利用データをFDAに提供することになる。FDAはより完全で一貫した報告に基づき、より徹底的に全報告悪性腫瘍例を捉え解析できるようになるため、TNF阻害剤治療を受けた小児および若年成人における悪性腫瘍の理解向上のために、この種の安全性調査は重要である。

医療従事者は、TNF阻害剤を投与された患者における悪性腫瘍の発症例に引き続き警戒し、そのような症例が発生した場合はFDAMedWatchプログラムまたはTNF阻害剤の製造元に報告しなくてはならない。FDAまたは製造元から医療従事者に対し、悪性腫瘍発症例に関して、臨床および診断に関する追加情報の問合せを行うことがある。収集する情報には以下を含めること。

  • 患者特性(年齢、性別、患者識別コードは記載しないこと)
  • 悪性腫瘍のリスク因子
  • 他の免疫抑制剤あるいは悪性腫瘍を引き起こすリスクのある薬剤への曝露
  • TNF阻害剤治療に対する適応
  • TNF阻害剤への曝露(投与期間、用量)
  • 癌の診断(診断日、病期)
  • 生検の結果
  • 悪性腫瘍の転帰(治療、転帰) 

強化された調査の要件は、今後10年間にわたり、FDAにより定期的に再評価される。

FDAは、これまでにTNF阻害剤に関連した悪性腫瘍の報告に関し、2008年6月2009年8月、および2011年4月に通達を行っている。

TNF阻害剤とは

  • クローン病 、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎{かんせんせい かんせつえん}、尋常性乾癬{じんじょう せい かんせん}、または若年性特発性関節炎に対して用いられる生物学的製剤の一種
  • TNF阻害剤には、レミケード (インフリキシマブ)、エンブレル(エタネルセプト)、ヒュミラ(アダリムマブ)、Cimzia〔シムジア〕(セルトリズマブペゴル)、およびシンポニー(ゴリムマブ)が含まれる

******
石岡 優子 訳
須藤 智久 (国立がん研究センター東病院 臨床開発センター・臨床薬学修士)監修
******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  8. 8濾胞性リンパ腫治療の新時代
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他