米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は稀な腎臓癌に対し新たな見解を示す | 海外がん医療情報リファレンス

米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は稀な腎臓癌に対し新たな見解を示す

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は稀な腎臓癌に対し新たな見解を示す

NCIニュースノート

米国国立衛生研究所(NIH)の研究者らは、遺伝性の稀な腎臓癌に特異的な特徴を発見したが、これは、癌の進行および転移に対しより理解を深め、新たな標的療法の開発のための基盤を固めることにつながる可能性がある。Eunice Kennedy Shriver米国国立小児保健・人間発達研究所(NICHD)のTracey Rouault医師と米国癌研究所(NCI)のW. Marston Linehan医師が、2011年9月12日発行のCancer Cellにてその発見について報告している。

遺伝性平滑筋腫症-腎細胞癌(HLRCC)と呼ばれる遺伝性癌症候群は、細胞における主要なエネルギー産生要素であるミトコンドリアの中で働く重要な酵素の欠質を特徴とする。HLRCC患者は、より基本的であるが効率は悪い好気的解糖として知られる代謝経路を通して、糖の消費を増加させることによってこのミトコンドリア機能の損失を補っている。さらに、HLRCC腎癌由来の細胞も、AMPKとして知られる代謝のスウィッチの活性を抑えることにより代謝を変えていることを研究者は発見した。AMPKは、細胞を増殖させ、効率のよい癌増殖のため重要な脂肪酸合成を増加させる。急速な脂肪酸産生および貯蔵のスウィッチは、これらの細胞の転移を可能にし、あるいは癌においてワールブルク効果と呼ばれる好気的解糖を特徴とする、腎腫瘍や他の腫瘍の活発な増殖に対して重要な鍵となるであろ

 

原文掲載日

翻訳滝川俊和

監修榎本 裕 (泌尿器科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9がんに対する標的光免疫療法の進展
  10. 10乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他