中小企業技術革新プログラム新規助成研究案件を告示 | 海外がん医療情報リファレンス

中小企業技術革新プログラム新規助成研究案件を告示

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

中小企業技術革新プログラム新規助成研究案件を告示

NCIニュースノート

NCI(米国国立癌研究所)の中小企業技術革新(SBIR)プログラムは、癌の研究開発を行う中小企業に向けた、800万ドルの新規委託研究案件を告示した。この度告示された12の委託案件は、抗癌剤、診断法、放射線治療、機器開発、ナノセンサー技術、画像技術などさまざまな新技術分野におよぶ。

この度SBIRプログラムが公募している12案件のうち3件はNIH(国立衛生研究所)の技術移転(TT)プログラムが契約テーマとして出した案件である。この技術移転3案件にはそれぞれ、SBIRプログラムの資金提供およびライセンスを受けることが可能な中小企業を見つけようとするねらいがある。受託企業は必要な研究開発を行い、いずれ事業化することが求められる。これら2012年度の技術移転の案件は、 臨床・研究現場で使える簡易腫瘍マイクロアレイ装置(Simplified Tumor Microarray Instrument for Clinical and Research Settings)、癌治療に用いる抗原特異的T細胞の高速大量分離(High Throughput Isolation of Antigen Specific T-cells for Cancer Therapy)、甲状腺癌用低分子量甲状腺刺激ホルモン受容体作用薬 (A Low Molecular Weight Thyroid-Stimulating Hormone Receptor Agonist for Thyroid Cancer) (NIHの国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所[NIDDK]支援を受ける)などである。 公募中の全案件はこちらで公開されている。

 

原文掲載日

翻訳多和郁恵

監修橋本 仁(獣医学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  6. 6コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  7. 7ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  8. 8FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他