加速部分乳房照射での三次元原体照射の毒性 | 海外がん医療情報リファレンス

加速部分乳房照射での三次元原体照射の毒性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

加速部分乳房照射での三次元原体照射の毒性

Toxicity of Three-Dimensional Conformal Radiotherapy for Accelerated Partial Breast Irradiation
Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2009 Apr 21. [Epub ahead of print]
Hepel JT, Tokita M, Macausland SG, Evans SB, Hiatt JR, Price LL, Dipetrillo T, Wazer DE
タフツ大学タフツ医療センター放射線腫瘍科;ブラウン大学ロードアイランド病院放射線腫瘍科(米国)

目的:加速部分乳房照射に三次元原体照射を用いたときの晩期組織毒性の発生率と重症度を評価すること。

対象と方法:加速部分乳房照射に三次元原体照射で治療された60例を対象とした。治療計画と照射はNSABP B-39/RTOG 0413プロトコール(National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project B-39/Radiation Therapy Oncology Group 0413 protocol)の手法と規定された線量-体積拘束に厳密に準拠させた。晩期毒性はRTOG評価スキーマにより評価した。美容的転帰はハーバード基準にしたがって点数化した。線量変数と転帰との関係を評価するために単変量ロジスティック回帰分析を行った。

結果:経過観察期間の中央値15カ月で、中等度から重度の晩期毒性が10%の患者で発生した。もっとも顕著な晩期毒性は皮下の線維化で25%がGrade 2-4、8.3%がGrade 3-4であった。修正計画腫瘍体積(modified planning tumor volume)/全乳房体積比、全乳房体積に対して指示線量の5%, 20%, 50%, 80%の線量を受ける乳腺組織の体積の割合、乳房内での最大線量が線維化の発生と相関していた(それぞれp = .10, p = .03, p = .04, p = .06, p = .09, p = .046)。全体での美容的転帰は良好から極めて良好が81.7%、標準的が11.7%、そして不良が6.7%であった。皮下線維化の存在、修正計画腫瘍体積/全乳房体積比、全乳房体積に対して指示線量の5%, 20%の線量を受ける乳腺組織の体積の割合、そして病理学的標本体積が標準的/不良な美容的転帰のリスクに相関していた(それぞれp < .001, p = .02, p = .05, p = .04, p = .01)。 結論:NSABP B-39/RTOG 0413プロトコールに規定された加速部分乳房照射に対する三次元原体照射法は、比較的短期の追跡期間にもかかわらず極めて高頻度に中等度から重度の正常組織への晩期の影響をもたらした。毒性事象はいくつかの線量-体積パラメーターと明らかに相関していた。

PMID: 19395195

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward