[ 記事 ]

リツキサン-Rituxan (rituximab)

原文
腫瘍医、血液専門医、その他の医療従事者向け

 

Biogen Idec社と Genentech社は、B型肝炎ウィルス (HBV)が再活性化し、一部の血液悪性腫瘍患者において劇症肝炎、肝不全、死亡を引き起こすとの報告を受け、薬剤処方情報の警告セクションの改訂を医療専門家に通達した。HBV感染のリスクのある患者はリツキサン治療の前にスクリーニングにかけるべきである。また、B型肝炎のキャリアは、HBV感染活性化の臨床上、検査上の兆候と肝炎の兆候を、リツキサン治療中とその後数ヶ月間注意深く監視するべきである。 [July 12, 2004 – Letter – Genentech/Biogen Idec]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事