[ 記事 ]

癌サバイバーの高い失業率

キャンサーコンサルタンツ
2009年2月

癌を患ったことのない人に比べ癌サバイバーは失業する可能性が高い、とヨーロッパの研究者らは報告した。このメタアナリシスの詳細はJournal of the American Medical Association誌2009年2月18日号に掲載された。[1]

 

癌が治癒した後、癌サバイバーは正常な日常生活を営む上で多様な困難を抱えている。有意義な仕事への復帰は回復過程の重要な構成要素であることに、大半の観察者は異論を唱えないであろう。とはいえ、多くの癌サバイバーにとって、これは至難の業である。多くが癌を患ったことによる身体的支障に加え、精神・感情面の問題を抱えている。こういった要因のすべてが、有意義な仕事に復帰する障害となりうる。しかもアメリカでは、雇用と健康保険が一体となっており、先行する基礎疾患は保険の適用外となることが多い。保険料の負担が増したことを事由に職を失う癌サバイバーもでている。

 

現行の研究に参加している研究者らは癌サバイバーの雇用を扱った文献に掲載された36件の報告結果を調査した。これらの報告は1966年から2008年までの間に出版されたもので、アメリカやヨーロッパ、他諸国から出された研究を検討したものである。このメタアナリシスには、合計20,366人の癌サバイバーおよび157,603人のコントロールが含まれた。全体では、癌サバイバーの失業率は34%であったのに対してコントロールでは15%であった。しかしながら、以下のように失業率は癌の種類によって異なっていた。

 

 •36%の乳癌サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは32%であった。

 •49%の消化器癌サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは33%であった。

 •49%の女性生殖器癌サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは38%であった。

 •39%の前立腺癌サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは27%であった。

 •31%の血液癌サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは24%であった。

 •18.5%の睾丸腫瘍サバイバーに失業が見られたが、コントロールでは18%であった。

 

著者らはアメリカの癌サバイバーの失業率はヨーロッパと比べて24%高いと報告したが、この差は統計学的な有意差には達しなかった。

 

コメント:

以上のデータは癌サバイバーが抱える問題を浮き彫りにしている。主として健康保険が雇用主から付与されるアメリカの癌サバイバーにとって、この点は特に重大である。また、これはヨーロッパと比べてアメリカの癌サバイバーの失業率が高いことの裏付けともなろう。雇用主には癌サバイバーの身体的障害にも適用できる保険契約の採用が勧められる。

 

参考文献:
[1] De Bour AGEM, Taskila T, Ojajarvi A, et al. Cancer survivors and unemployment. A meta-analysis and meta-regression. Journal of the American Medical Association. 2009;301:753-762.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳村中 健一郎(生物物理)

監修林 正樹(血液・腫瘍科)

原文を見る

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事