アバスチン-Avastin (bevacizumab) | 海外がん医療情報リファレンス

アバスチン-Avastin (bevacizumab)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

アバスチン-Avastin (bevacizumab)

原文
腫瘍医、その他の医療従事者向け

 

FDAとジェネンテック社は、医療従事者にアバスチンのラベルの警告、注意、有害事象、投与量と投与方法のセクションの改訂を通達した。静注5-FUベース化学療法と併用で用いられるアバスチンは、転移結腸直腸腺癌患者のファーストライン治療に適応されている。化学療法とアバスチン併用投与患者は化学療法のみの患者に比べ、脳梗塞、一過性脳虚血発作、心筋梗塞、狭心症などの動脈血栓症状が起こる確率が高い。死亡にいたる症例もある。 ランダマイズ、active コントロール試験で、化学療法併用アバスチンの使用は動脈血栓障害の確率が高かった(4.4% vs. 1.9%)。化学療法併用アバスチン患者で脳血管動脈障害 (1.9% vs. 0.5%)と、心血管動脈障害(2.1% vs. 1.0%)が多く発症した。さらに、血栓リスクは年齢(65歳以上)と相関関係があった。これらの障害リスクは、転移結腸直腸癌患者の全生存率を上げるアバスチンの効力と照らし合わせて考慮されるべきである。 [January 5, 2005 – Letter – Genentech]

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他