[ 記事 ]

イレッサ(gefitinib)

原文
腫瘍医向け

 

アストラゼネカ社とFDAは、イレッサはすでに服用している癌患者と主治医がイレッサが奏効していると判断した場合のみ使用されるべきであるとする新承認ラベルについて医療従事者に通達した。イレッサは、大規模スタディにおいて延命しないことが判明したため、新たな患者はイレッサを使用すべきではない。非小細胞肺癌患者の延命を可能にすると証明された治療薬は他にある。 [June 17, 2005 – Public Health Advisory – FDA] [June 17, 2005 – Drug Information Page – FDA] –

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事