[ 記事 ]

RET変異または融合遺伝子を有する肺がんおよび甲状腺がんにSelpercatinibを承認

2020年5月8日、米食品医薬品局(FDA)はselpercatinib [セルパーカチニブ](販売名:RETEVMO、Eli Lilly and Company社)を以下の適応症に対して迅速承認した。

・転移RET融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者。
・全身療法を必要とする進行または転移RET変異型甲状腺髄様がん(MTC)の成人および12歳以上の小児患者。
・全身療法を必要とする進行または転移RET融合遺伝子陽性の甲状腺がんで、放射性ヨウ素抵抗性(放射性ヨウ素治療が適切な場合)の成人および12歳以上の小児患者。

有効性は、多施設共同、非盲検、多コホート臨床試験(LIBRETTO-001)において、腫瘍にRET遺伝子変異が認められた患者を対象に評価された。RET遺伝子の変異の確認は、次世代シークエンシング、ポリメラーゼ連鎖反応、または蛍光in situ ハイブリダイゼーションのいずれかを用いて、地元の研究室で前向きに判定された。有効性の主要評価項目は、RECIST 1.1を用いて盲検独立審査委員会により判定された奏効率(ORR)と奏効期間とした。

RET融合遺伝子陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する有効性は、プラチナ製剤による化学療法を受けたことのある105人の成人患者を対象に評価された。奏効率(ORR)は64%(95% 信頼区間[CI]:54%~73%)であり、奏効した患者の81%は6カ月以上の奏効が持続した。全身治療を受けたことのない39人の患者についても有効性が評価された。これらの患者のORRは85%(95% CI:70%~94%)であり、奏効した患者の58%は6カ月以上の奏効が持続した。

進行または転移RET変異型甲状腺髄様がん(MTC)に対する有効性は、成人および小児(12歳以上)患者を対象に評価された。この試験には、カボザンチニブ、バンデタニブ、またはその両方の治療歴のある患者と、これらの薬剤を投与されていない患者が登録された。前治療歴のある55人の患者の奏効率(ORR)は69%(95% CI:55%~81%)で、奏効した患者の76%は6カ月以上の奏効が持続した。有効性は、MTCに対して承認された治療法を受けたことのない88人の患者についても評価された。これらの患者のORRは73%(95%CI:62%~82%)であり、奏効した患者の61%は6カ月以上の奏効が持続した。

RET融合遺伝子陽性甲状腺がんに対する有効性は、成人および小児(12歳以上)患者を対象に評価された。本試験には、放射性ヨウ素抵抗性(適切な場合)で、別の全身治療を受けたことのある19人の患者と、放射性ヨウ素(RAI)治療抵抗性で、追加治療を受けていない8人の患者が登録された。前治療を受けた19人の患者の奏効率(ORR)は79%(95% CI:54%~94%)であり、奏効した患者の87%は6カ月以上の奏効が持続した。有効性は、RAI治療を受け、他の追加治療を受けていない8人の患者についても評価された。8人の患者全員が奏効し(95%CI:63%~100%)、患者の75%は6カ月以上の奏効が持続した。

臨床検査値の異常を含む最も一般的な副作用(25%以上発現)は、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増(AST)、アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(ALT)、ブドウ糖増加、白血球減少、アルブミン減少、カルシウム減少、口渇、下痢、クレアチニン増加、アルカリホスファターゼ増加、高血圧、疲労、浮腫、血小板減少、総コレステロール増加、発疹、ナトリウム減少、便秘であった。

体重に基づいたセルパーカチニブの推奨用量は、50 kg未満の患者では120 mg、50 kg以上の患者では160 mgとなっている。セルパーカチニブは、食事の有無にかかわらず1日2回経口投与するかプロトンポンプ阻害薬と併用する場合は、食事と共に投与する。

RETEVMOの全処方情報はこちらを参照。

本審査には、FDAによる評価を円滑に進めるために、申請者が自発的に申請を行うAssessment Aidが使用された。本申請は、FDAの目標た期日の3カ月前に承認された。

本申請は、奏効率と奏効期間に基づいて、迅速承認された。継続的な承認には、検証的試験による臨床的有用性の検証を条件とする場合がある。

本申請は、優先審査、画期的治療薬、オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の指定を受けた。FDAの迅速承認プログラムに関する情報は、「企業向けガイダンス:重篤疾患のための迅速承認プログラム-医薬品およびバイオ医薬品」(Guidance for Industry:Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics)に記載されている。

翻訳三宅民子

監修山崎知子(頭頸部・甲状腺・歯科/宮城県立がんセンター 頭頸部内科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事