膵がんワクチンにニボルマブとウレルマブを併用で膵がんの免疫系反応が促進

ジョンズホプキンス大学

外科手術可能な膵がん患者に膵がんワクチンのGVAX、免疫チェックポイント治療薬のニボルマブ(販売名:オプジーボ)、抗CD137アゴニスト抗体治療薬のウレルマブ(urelumab)から成る3剤併用免疫療法を行うことは安全であり、腫瘍内のがん細胞を攻撃する免疫系のT細胞の量を増加させ、がん摘出手術の2週間前に行うと効果的であると考えられることが、ジョンズホプキンス大学の研究者らが主導した新たな研究で明らかになった。本研究の内容は6月20日付Nature Communications誌のオンライン版に掲載された。

ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンター、ブルームバーグ・キンメルがん免疫療法研究所、ジョンズホプキンス大学医学部の研究者らが主導するこの研究は、膵がん患者の手術前(術前)と手術後(術後)の免疫療法を研究するために2015年に開始された進行中のプラットフォーム試験の最新版である。プラットフォーム試験という形式により、研究者らは本試験で得られたデータを利用して、同じ試験内で膵がんに対する免疫療法の開発を進めることが可能となる。

この最新の試験で10人の参加者が併用療法を受けた。無病生存期間(治療後にがんが発見されない期間)の中央値は33.51カ月、全生存期間(死亡するまでの期間)の中央値は35.5カ月であった。これらは、膵がんワクチン単独およびニボルマブとの併用を検証したこの研究の以前の試験群よりも高いが、患者数が少なかったため、本試験結果に統計学的有意差は認められなかった。

今回の試験群で検査した腫瘍検体もまた、ワクチン単独またはワクチンとニボルマブの併用で治療した患者の検体と比較して、がん細胞を攻撃する免疫細胞の量がはるかに多かった。

今回の結果から、この併用療法をより大規模な臨床試験でさらに研究することの正当性が示唆されると、Pancreatic Cancer Precision Medicine Center of Excellence(膵がん精密医療センターオブエクセレンスプログラム)の共同ディレクターでジョンズホプキンス大学医学部の腫瘍学教授のLei Zheng医学博士は語る。

このプラットフォーム試験には、外科手術前の2週間の「絶好の機会」に行われる膵がん治療に関して2つの目的があるとZheng氏は語る。第一に、免疫療法は患者の免疫細胞に腫瘍への反応の仕方を学習させ、がんが再発した場合、その後の監視を継続することを可能にすることである。第二に、術中に摘出された腫瘍を評価することにより、腫瘍が治療にどの程度反応するかを確認することを可能にすることである。膵臓腫瘍でインターロイキン8に結合し、好中球をブロックする抗体を研究する4つ目の試験群が現在進行中である。

  • 監訳 泉谷昌志(消化器内科、がん生物学/東京大学医学部附属病院)
  • 翻訳担当者 松長愛美
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/07/17

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

 

膵臓がんに関連する記事

膵がん患者の不安治療にロラゼパム投与は転帰の悪化に関連か ーアルプラゾラムは有効の画像

膵がん患者の不安治療にロラゼパム投与は転帰の悪化に関連か ーアルプラゾラムは有効

米国がん学会(AACR)がん治療中の不安に対して一般的に処方されるベンゾジアゼピン系薬剤であるロラゼパム(販売名:ワイパックス)を使用した膵がん患者は、使用しなかった患者よりも無増悪生...
HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023の画像

HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023

MDアンダーソンがんセンター(MDA)トラスツズマブ デルクステカンが治療困難ながんに新たな治療選択肢を提供する可能性

HER2を標的とした抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステ...
早期膵臓がんにおける低侵襲性膵体尾部切除術は有効の画像

早期膵臓がんにおける低侵襲性膵体尾部切除術は有効

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「この確認試験は、切除可能な膵臓がんに対して低侵襲手術法が安全で効果的な選択肢であることを証明しています。このランダム化比較手術試験は...
アダグラシブはKRASG12C変異がんに有望の画像

アダグラシブはKRASG12C変異がんに有望

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO の見解

「今回のKRYSTAL-1試験の単群第1/2相試験のデータから、治療歴のある膵臓がんまたは胆道がん患者において、adagrasib(アダグラ...