ジェムザール+アバスチン併用は進行膵臓癌の生存期間を改善しない

キャンサーコンサルタンツ

分子標的治療薬であるアバスチン (一般名:ベバシズマブ) を化学療法薬であるジェムザール (一般名:ゲムシタビン) に追加投与しても進行膵臓癌の生存期間を改善しないことが、第3相臨床試験の結果により分かった。この臨床試験の結果は、Journal of Clinical Oncology誌のなかで報告された。[1]

膵臓癌は致死率の高いタイプの癌であり、米国では毎年約43,000人が診断され、 37,000人以上が死亡している。進行期に診断されることが多いことから、早期発見・治療のためのアプローチの改善が研究における重要な優先事項となっている。

ジェムザールは単独または他薬剤と併用して使用され、進行膵臓癌に対する化学療法の標準治療薬として現在使用されている。アバスチンは分子標的治療薬であり、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)として知られるタンパク質を阻害する。VEGFは血管新生において重要な役割を担っている。 これまでに行われた第2相試験の結果では、 ジェムザールとアバスチンの併用が進行膵臓癌において有効である可能性が示されていた。 [2]

今回行われた第3相臨床試験では、両薬剤の併用が進行膵臓癌患者の生存期間を改善するかについて、さらなる研究が行われたかたちだ。同臨床試験には進行膵臓癌に対して未治療の患者が参加した。治療サイクルは28日間で、各治療サイクル中3回にわたり全患者にジェムザールが投与された。その上で、ひとつの治療群には各治療サイクル中2回に分けてアバスチンを投与、 もうひとつの治療群にはプラセボを投与した。癌が悪化したり、許容できない副作用が表れた際には、治療を中止した。同治療を受けた患者は535人。

この第3相臨床試験の結果は以下のようなものであった。

・アバスチンを投与された患者とプラセボを投与された患者を比較しても生存期間中央値の改善はみられず、どちらの治療群もおよそ6カ月まで生存した。
・ 無増悪生存期間中央値は、アバスチン群でほぼ4カ月、プラセボ群でほぼ3カ月であった。
・全奏効率は、アバスチンを投与された患者で13% 、プラセボを投与された患者で10% であった。
・両群ともに副作用は類似していた。ただし、アバスチン投与群のみに高血圧と蛋白尿 (尿中の過剰な血清蛋白質) の割合の増加が認められた。

第2相臨床試験ではジェムザールへのアバスチンの追加投与が進行膵臓癌の生存期間を改善する可能性があると示唆されていた。しかし、今回の第3相臨床試験の結果から、ジェムザール+アバスチン併用による生存期間の改善は無いと結論づけられた。

参考文献:
[1] Kindler HL, Niedzwiecki D, Hollis D, et al. Gemcitabine plus bevacizumab compared with gemcitabine plus placebo in patients with advanced pancreatic cancer: Phase III trial of the Cancer and Leukemia Group B (CALGB 80303). Journal of Clinical Oncology [early online publication]. July 6, 2010.

[2] Kindler HL, Friberg G, Singh DA, et al. Phase II trial of bevacizumab plus gemcitabine in patients with advanced pancreatic cancer. Journal of Clinical Oncology. 2005 Nov 1;23(31):8033-40.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 内田彩香

監修 野長瀬祥兼(工学/医学)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

膵臓がんに関連する記事

KRAS標的薬MRTX1133が非臨床段階で膵臓がんに有望の画像

KRAS標的薬MRTX1133が非臨床段階で膵臓がんに有望

膵臓がんは、治療抵抗性が高いことで知られる、急速に進行する疾患である。多くのがん種および膵臓がんのほとんどは、KRASと呼ばれる遺伝子の変異が引き金となることから、研究者らはこれまで、変異を生...
ソトラシブがKRAS G12C変異陽性進行膵がんに臨床的意義のある効果を示すの画像

ソトラシブがKRAS G12C変異陽性進行膵がんに臨床的意義のある効果を示す

CodeBreaK 100試験で、許容可能な安全性プロファイルと有望な結果が実証されるKRAS G12C阻害薬ソトラシブ(販売名:ルマケラス)は、第I/II相試験「CodeBreaK ...
修正FOLFIRINOX術前療法は、すい臓がんの生存率を改善の画像

修正FOLFIRINOX術前療法は、すい臓がんの生存率を改善

NCI Alliance試験により、FOLFIRINOX療法が望ましい治療法として確立される 切除可能境界膵がん患者を対象とした試験で、修正FOLFIRINOX療法による術前化学療法は、過去のデータよりも相対的に、あるいはFOLFIRINO
ニモツズマブによりKRAS野生型進行膵臓がんの全生存期間が有意に延長の画像

ニモツズマブによりKRAS野生型進行膵臓がんの全生存期間が有意に延長

ASCOの見解 「たとえどの程度であっても、転移性膵臓がんの臨床試験で生存期間の改善がみられるのは興味深いことです。この試験では膵臓がんの分類型の一つであるKRAS野生型を検討していますが、この型は膵臓がん患者全体の10%にも満たないため、