FDAが再発/難治性B細胞前駆体ALLにbrexucabtagene autoleucelを承認

2021年10月1日、米国食品医薬品局(FDA)は、再発または難治性のB細胞前駆体急性リンパ性白血病(ALL)の成人患者を対象に、brexucabtagene autoleucel(販売名:Tecartus、Kite Pharma, Inc.社)を承認した。

有効性は、再発または難治性のB細胞前駆体急性リンパ性白血病の成人患者を対象としたZUMA-3(NCT02614066)試験において評価した。本試験は、CD19指向キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法薬であるbrexucabtagene autoleucelを評価した多施設共同単群試験である。 患者はリンパ球除去化学療法を​終えた後、brexucabtagene autoleucelの単回投与を受けた。

承認の根拠となった有効性の評価項目は、投与後3カ月以内に達成した完全奏功(CR)とその持続期間であった。有効性評価対象は54人で、そのうち28人(52%、95%CI:38、66)が3カ月以内に完全奏効を達成した。効果がみられた患者の追跡調査期間の中央値は7.1カ月であり、完全奏効の持続期間の中央値には達しなかったが、半数を超える患者の完全奏効の持続期間は12カ月を超えると推定された。

Brexucabtagene autoleucelの添付文書には、サイトカイン放出症候群(CRS)および神経毒性に関する枠組み警告が記載されている。サイトカイン放出症候群は92%(グレード3以上、26%)に、神経毒性は87%(グレード3以上、35%)に発症した。臨床検査値異常を除く最も多く見られた副作用(発生率20%以上)は、発熱、サイトカイン放出症候群、低血圧、脳症、頻脈、悪心、悪寒、頭痛、疲労、発熱性好中球減少症、下痢、筋骨格系の疼痛、低酸素症、皮疹、浮腫、振戦、特定不能の病原体による感染、便秘、食欲不振、嘔吐であった。

Brexucabtagene autoleucelの推奨用量は、体重1kgあたり1×10^6個(最大1×10^8個)のCAR陽性生T細胞の単回静脈内投与で、フルダラビンとシクロホスファミドによるリンパ球除去化学療法の後に実施する。

Tecartusの全処方情報はこちらを参照。

翻訳担当者 原久美子

監修 喜安純一(血液内科・血液病理/飯塚病院 血液内科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

白血病に関連する記事

【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望の画像

【ASCO2024年次総会】アシミニブは新規診断白血病(CML)の治療選択肢として有望

ASCOの見解(引用)「アシミニブ(販売名:セムブリックス)は、現在の標準治療である分子標的治療薬と比較して優れた有効性を示し、有害事象、投薬の中断および中止が少なく、安全性プ...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
【米国血液学会(ASH)】進行した急性骨髄性白血病に新規メニン阻害薬が有望の画像

【米国血液学会(ASH)】進行した急性骨髄性白血病に新規メニン阻害薬が有望

MDアンダーソンがんセンター特定の遺伝子変異を有する白血病に有望な効果が、MDアンダーソン主導の2つの臨床試験で示されるテキサス大学MDアンダーソンがんセンター主導の2つの臨床...
再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望の画像

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望

オハイオ州立大学総合がんセンターオハイオ州立大学総合がんセンター・アーサーG.ジェイムズがん病院リチャードJ.ソロベ研究所(OSUCCC – James)の研究者らが研究している新しい...