コーヒーは子宮癌のリスクを低下させる可能性がある

キャンサーコンサルタンツ

1日4杯以上のコーヒーを飲む女性は、ほとんど飲まない、あるいはまったく飲まない女性と比較して、子宮内膜癌(子宮の内膜に発症する癌)の発症リスクが低下する可能性がある。この結果は、Cancer Epidemiology, Biomarkers, & Prevention誌で発表された。

米国では、毎年46,000人以上の女性が子宮癌と診断されている。子宮癌の最も一般的なタイプは子宮内膜癌(子宮の内膜に発症する癌)である。

コーヒーには数百種類ものさまざまな化合物が含まれており、それらの一部には癌予防効果があると考えられている。しかしながら、コーヒーがどのようにして癌の発症リスクを上昇または低下させるのか、その厳密なメカニズムについては十分に解明されていない。

コーヒーの摂取と子宮内膜癌との関係性を調査するために、研究者らはNurses’Health Studyに参加した67,000人以上の女性から情報を収集した。

  • 1日のコーヒー摂取量が4杯未満の場合、子宮内膜癌の発症リスクに影響はみられなかった。
  • 1日4杯以上コーヒーを飲む女性は、コーヒーをほとんど飲まない女性(1日1杯未満)と比較して、子宮内膜癌の発症リスクが25%低下した。
  • お茶の摂取と子宮内膜癌の発症リスクとの関係性は認められなかった。

これらの結果は確定的なものではないが、コーヒーの摂取量が極めて多い女性は(1日4杯以上)、子宮内膜癌のリスクが低下することを示唆している。しかし、研究者らは、コーヒーに相当量の砂糖またはクリームを加えると、期待できるベネフィットが損なわれる可能性があると指摘する。肥満は、子宮内膜癌の重要な寄与因子であることが知られており、子宮内膜癌のリスク低下のために女性ができる最も重要なことの1つは、食事療法と運動により適正な体重を維持することである。

参考文献:

Je Y, Hankinson SE, Tworoger SS, DeVivo I, Giovannucci E. A prospective cohort study of coffee consumption and risk of endometrial cancer over a 26-year follow-up. Cancer Epidemiology, Biomarkers, & Prevention. Early online publication November 22, 2011.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 森島由希

監修 朝井鈴佳(獣医学・免疫学)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

子宮がんに関連する記事

キャッチアップHPV検査が65歳以上の子宮頸がん予防に役立つ可能性の画像

キャッチアップHPV検査が65歳以上の子宮頸がん予防に役立つ可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の有無を調べる検査は現在、子宮頸がん検診の標準的検査項目で、同時にパップテストを行うこともある(同時...
子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長の画像

子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「TP53野生型の子宮体がん腫瘍を評価した第3相SIENDO試験のサブセット解析から、パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法の...
子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表の画像

子宮頸部前がん病変をAIの活用で正確に検出―日本の研究発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCOの見解「子宮頸がん検診においてコルポスコピー((腟拡大鏡診)は重要な役割を果たしています。本研究は、がん検診に人工知能の力を活用することで、...
FDAが子宮体がんにドスタルリマブ+化学療法を承認の画像

FDAが子宮体がんにドスタルリマブ+化学療法を承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年7月31日、米国食品医薬品局(FDA)は、同局による承認済み検査でミスマッチ修復機能欠損(dMMR)が認められるか、高頻度のマイクロサテライト不安定...