FDAがBRAF変異メラノーマにencorafenibとbinimetinibの併用を承認

2018年6月27日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認の検査キットで検出されたBRAF V600EまたはV600K変異を有する切除不能または転移性メラノーマ(悪性黒色腫)患者に、encorafenib[エンコラフェニブ]およびbinimetinib[ビニメチニブ](商品名:BRAFTOVIおよびMEKTOVI、Array BioPharma Inc.社)の併用を承認した。

本承認は、BRAF V600EまたはV600K遺伝子変異陽性の切除不能または転移性メラノーマ患者577人を対象に実施した非盲検、多施設共同、ランダム化、実薬対照試験(COLUMBUS試験、NCT01909453)に基づいている。患者をビニメチニブ45 mg1日2回+エンコラフェニブ450 mg1日1回の併用投与群、エンコラフェニブ300 mg1日1回の単剤投与群、ベムラフェニブ960 mg1日2回の単剤投与群の3群に1:1:1の割合で無作為に割り付けた。治療は疾患増悪または忍容できない毒性が生じるまで継続した。

主要な有効性は、RECIST(固形がんの治療効果判定基準)ver.1.1を用いて無増悪生存期間(PFS)を測定し、盲検化された独立中央判定によって評価した。PFSの中央値は、ビニメチニブ+エンコラフェニブ併用投与群で14.9カ月、ベムラフェニブ単剤投与群で7.3カ月であった(ハザード比 0.54, 95% CI: 0.41~0.71, p<0.0001)。中央判定によって評価した全奏効率は、それぞれ63%および40%であった。奏効期間中央値は、それぞれ16.6カ月および12.3カ月であった。

併用投与を受けた患者に最も多くみられた副作用(≧25%)は、疲労、悪心、下痢、嘔吐、腹痛、および関節痛であった。併用投与を受けた患者の5%が副作用のため治療を中止した。最も多かった治療中止理由は、出血および頭痛であった。

FDAは本日、THxID BRAFキット(bioMérieux社)についてもこれらの治療のコンパニオン診断薬として承認した。

推奨用量は、ビニメチニブ45 mgを1日2回経口投与およびエンコラフェニブ450 mgを1日1回経口投与である。

エンコラフェニブ(商品名:BRAFTOVI)の全処方情報はこちらを参照。

ビニメチニブ(商品名:MEKTOVI)の全処方情報はこちらを参照。

翻訳担当者 小石みゆき

監修 中村泰大(皮膚腫瘍科・皮膚科/埼玉医科大学国際医療センター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

皮膚がんに関連する記事

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認の画像

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)米国食品医薬品局(FDA)は、PD-1阻害抗体およびBRAF V600陽性の場合はMEK阻害薬の併用の有無にかかわらずBRAF阻害薬の治療歴のある切除不能また...
進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認の画像

進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ米国食品医薬品局(FDA)は30年以上の歳月をかけて、免疫細胞である腫瘍浸潤リンパ球(tumor-infiltrating lymphocy...
進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測かの画像

進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測か

米国がん学会(AACR)ペムブロリズマブの単回投与後のFDG PET/CT画像が生存期間延長と相関する腫瘍の代謝変化を示す 

ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の投与を受けた進行メ...
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...