併用療法によりメラノーマの脳転移が縮小

MDアンダーソン OncoLog 2017年11-12月号(Volume 62 / Issue 11-12)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの責任医師らが実施中の多施設共同臨床試験の初期の結果によると、脳転移を有するメラノーマ(悪性黒色腫)患者は、脳転移のない転移性メラノーマ患者の治療に用いられる2種類の併用レジメンが有益である可能性がある。

CheckMate-204試験およびCOMBI-MB試験では、従来臨床試験から除外された患者群である脳転移を有するメラノーマ患者を対象に、それぞれ免疫療法の併用および分子標的療法の併用が検討されている。これまでのところ、各試験の患者の50%超で、有意な腫瘍縮小が認められている。

「これらの有望な結果により、メラノーマの主な死因である脳への転移を有する患者のための、新たな治療選択肢の可能性、そして新たな希望が示されています」と、メラノーマ腫瘍内科准教授でCheckMate-204試験のMDアンダーソンの試験責任医師である、Hussein Tawbi医学博士は述べた。

第2相CheckMate -204試験(No. 2015-0696)の患者には、CTLA-4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質 4)を阻害するイピリムマブ、およびPD-1(プログラム細胞死タンパク質1)を阻害するニボルマブの両免疫チェックポイント阻害剤が投与されている。これまでに評価された患者75人のうち、完全奏効が認められた16人を含む41人(54%)で脳転移が有意に縮小した。9カ月間の追跡調査後に疾患進行が認められたのは、奏効者41人のうちわずか1人であった。本試験では、症状がある、またはステロイドが必要な患者を現在も登録している。

第2相COMBI-MB試験(No. 2013-1020)では、すべての患者がBRAF V600変異を有する転移性メラノーマ患者で、変異BRAF V600キナーゼを標的とするダブラフェニブと、MEK1およびMEK2を阻害するトラメチニブが投与されている。解析のため、特定のBRAF変異、ECOGパフォーマンスステータス、脳転移の治療歴の有無、および脳転移症状がコントロールされているかどうかによって、患者をグループ分けした。これらのうち最大の群(BRAF V600E変異を有し、パフォーマンスステータスが1または2、治療歴はなく、症状が管理された患者76人)では、44人の患者(58%)で有意な腫瘍縮小が認められ、そのうち4人で完全奏効が認められた。その他の3つの群でも同等の結果が認められた。本試験は実施中であるが、患者の募集はしていない。

「これらの併用療法が安全かつ有効であることが示されていることに加えて、これらの結果により、脳転移を有するメラノーマ患者を対象とした臨床試験が実施可能であることが示されています。最終的には、このような患者がより多くの治療法を利用できるようになるでしょう」と、メラノーマ腫瘍内科准教授でCOMBI-MB試験のMDアンダーソンの試験責任医師である、Michael Davies医学博士は述べた。

両試験の予備的結果は、6月の2017年米国臨床腫瘍学会年次総会で発表された。COMBI-MB試験の予備的結果は、7月にLancet Oncology誌でも発表された。

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

翻訳担当者 生田 亜以子

監修 西川 亮(脳腫瘍/埼玉医科大学国際医療センター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

皮膚がんに関連する記事

ステージ3のメラノーマにレラトリマブ+ニボルマブ術前免疫療法は安全かつ有効の画像

ステージ3のメラノーマにレラトリマブ+ニボルマブ術前免疫療法は安全かつ有効

手術可能な皮膚がんへの術前免疫チェックポイント阻害薬のさらなるエビデンスが試験により提供される 第2相試験において、ステージ3のメラノーマ(悪性黒色腫)患者に対する免疫チェックポイント阻害薬であるレラトリマブ+二ボルマブの術前併用投与により
術前ペムブロリズマブ療法が一部のメラノーマに有効の画像

術前ペムブロリズマブ療法が一部のメラノーマに有効

メラノーマ(悪性黒色腫)の治療は、おそらく他のどのがんよりも、この10年間で大きく変貌を遂げた。そして、米国国立がん研究所(NCI)が資金提供した臨床試験の初期の結果に基づき、悪性度が高いことが多い、このタイプの皮膚がんに対する新たな治療法
ESMO 2022:術前抗PD-1抗体薬により皮膚がんで高い完全奏効率の画像

ESMO 2022:術前抗PD-1抗体薬により皮膚がんで高い完全奏効率

抗PD1抗体薬単剤療法の奏効率が固形がんの中で最も高いとの報告 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターが主導した多施設共同国際第2相臨床試験で、病期2~4の皮膚扁平上皮がん患者に対して術前に免疫療法を行ったところ、63.3%で腫瘍がほぼ消
術前ペムブロリズマブ免疫療法が高リスク メラノーマの予後を改善の画像

術前ペムブロリズマブ免疫療法が高リスク メラノーマの予後を改善

術後まで待つことなくペムブロリズマブを術前に開始することにより、ステージ3-4のメラノーマ(悪性黒色腫)患者の見通しを大幅に改善 アブストラクト番号:LBA6 がん組織を除去する手術の前後に免疫療法薬ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)