皮膚メラノーマに対するトラメチニブ+ダブラフェニブ併用療法試験は、療法切り替えを可能にするため早期終了

キャンサーコンサルタンツ

独立データモニタリング委員会はこのほど、転移性皮膚メラノーマ患者におけるtrametinib[トラメチニブ](米国商標名Mekinist)+dabrafenib[ダブラフェニブ](米国商標名Tafinlar)の併用療法とvemurafenib[ベムラフェニブ](米国商標名Zelboraf)単剤療法の比較臨床試験を早期終了するよう勧告した。ベムラフェニブを投与されている患者が併用療法に切り替えられるようにするためである。委員会の勧告は、中間解析の結果、併用療法が全生存利益閾値をクリアしたのを受けたものである。

皮膚メラノーマは、あらゆる皮膚癌の中でもっとも侵襲性の強いもので、今年世界中で37,000人以上が死亡している。米国では男性のメラノーマ発症は、他のいかなる癌より急速に増え続けている。女性においては、肺癌に次いで急速に増えている。

第3相試験で、切除不能(ステージIIIC)あるいは転移性(ステージIV)皮膚メラノーマ患者の704人を併用療法群とベムラフェニブ群に無作為に割り付けた。主要な研究対象は全生存率であった。副次的な研究目的として、無増悪生存期間、全奏効率、奏効期間、治療の安全性を評価した。併用療法群の安全性プロファイルは、以前の観察結果と一致した。

主たる評価項目である全生存率は併用療法で基準を満たしたが、独立データモニタリング委員会は、今後も安全性および有効性データの解析を続ける予定である。

参考文献:
GlaxoSmithKline. (7/17/14). Trametinib (Mekinist™) and dabrafenib (Tafinlar™) combination demonstrated overall survival benefit compared to vemurafenib; phase III BRAF V600-mutant metastatic melanoma study stopped early [Press Release]. Retrieved from http://www.gsk.com/media/press-releases/2014/trametinib–mekinist–and-dabrafenib–tafinlar–combination-demo.html.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 橋本奈美

監修 林 正樹(血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

皮膚がんに関連する記事

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認の画像

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)米国食品医薬品局(FDA)は、PD-1阻害抗体およびBRAF V600陽性の場合はMEK阻害薬の併用の有無にかかわらずBRAF阻害薬の治療歴のある切除不能また...
進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認の画像

進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ米国食品医薬品局(FDA)は30年以上の歳月をかけて、免疫細胞である腫瘍浸潤リンパ球(tumor-infiltrating lymphocy...
進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測かの画像

進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測か

米国がん学会(AACR)ペムブロリズマブの単回投与後のFDG PET/CT画像が生存期間延長と相関する腫瘍の代謝変化を示す 

ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の投与を受けた進行メ...
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...