2011/04/05号◆FDA最新情報「後期メラノーマに対する新たな治療法をFDAが承認」

f同号原文

NCI Cancer Bulletin2011年4月5日号(Volume 8 / Number 7)

日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~

PDFはこちらからpicture_as_pdf

____________________

◇◆◇ FDA最新情報 ◇◆◇

後期メラノーマに対する新たな治療法をFDAが承認

米国食品医薬品局(FDA)は、3月25日、転移性メラノーマ(黒色腫)治療薬ipilimumub [イピリムマブ](Yevoy)を承認した。承認に先立ち676人の患者を対象とした試験が行われ、本薬を投与した患者の全生存期間中央値は治験薬である治療用ワクチンを投与した患者に比べ4カ月長かった

イピリムマブはCTLA4と呼ばれるT細胞表面の分子に結合する抗体で、免疫細胞が自分の体のメラノーマ組織および細胞を攻撃することを阻害している抑制機構を取り除く役割を果たす。

免疫系が刺激を受けることによる有害事象および副作用の可能性があり、発疹、大腸炎(大腸の炎症)、死亡などの合併症を引き起こす可能性もあるが、有害事象のほとんどが治療可能なものである。

FDA抗腫瘍薬製品室室長のDr. Richard Pazdur氏は次のように述べている。「末期メラノーマは非常に厳しいもので、治療の選択肢がほとんどなく、これまでのところいずれの治療も患者生存期間を延長させませんでした。イピリムマブは、転移性メラノーマ患者の生存期間の延長に明白な効果があるとしてFDAが承認した初めての治療法です」。

******

金井 太郎 訳

金田 澄子(薬学) 監修 

******

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

皮膚がんに関連する記事

進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測かの画像

進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測か

米国がん学会(AACR)ペムブロリズマブの単回投与後のFDG PET/CT画像が生存期間延長と相関する腫瘍の代謝変化を示す 

ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の投与を受けた進行メ...
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...
軟髄膜疾患のメラノーマに対する免疫療法薬の画期的投与法は安全で有効の画像

軟髄膜疾患のメラノーマに対する免疫療法薬の画期的投与法は安全で有効

MDアンダーソンがんセンター
髄腔内および静脈内への同時投与により一部の患者の転帰が改善
髄腔内(IT)の免疫療法(髄液に直接投与)と静脈内(IV)の免疫療法を行う革新的な方法は、安全であり、かつ、転移性黒色腫(メラノーマ)に起因する軟髄膜疾患(LMD)患者の生存率を上昇させることが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者による第1/1b相試験の中間解析によって認められた。
FDAが転移/再発局所進行メルケル細胞がんにretifanlimabを迅速承認の画像

FDAが転移/再発局所進行メルケル細胞がんにretifanlimabを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA) 2023年3月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、転移性または再発の局所進行メルケル細胞がん(MCC)の患者を対象にretifanlimab-dlwr(販...