進行腎細胞癌の一次治療にテムシロリムスまたはIFNαまたは両剤併用の第3相ランダム化比較試験 | 海外がん医療情報リファレンス

進行腎細胞癌の一次治療にテムシロリムスまたはIFNαまたは両剤併用の第3相ランダム化比較試験

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

進行腎細胞癌の一次治療にテムシロリムスまたはIFNαまたは両剤併用の第3相ランダム化比較試験

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

A phase 3, randomized, 3-arm study of temsirolimus(TEMSR) or interferon-alpha(IFN) or the combination of TEMSR + IFN in the treatment of first-line, poor-risk patients with advanced renal cell carcinoma(adv RCC)

サブカテゴリー:腎癌
カテゴリー:泌尿生殖器癌
ミーティング:2006年度ASCO年次総会

アブストラクトNo.:LBA4

引用:Journal of Clinical Oncology, 2006 ASCO Annual Meeting Proceedings Part I. Vol 24, No. 18S(June 20 Supplement), 2006: LBA4


アブストラクト

背景:
Temsirolimus(TEMSR、CCI-779)は、細胞増殖と血管形成を調節するシグナル伝達タンパクであるmTORの特異的阻害剤である。かなりの治療をこれまでに受けた進行RCC患者(n=111)を対象とする第2相試験で、TEMSR単独投与で生存期間中央値15.0カ月を認めている(Atkinsら、J Clin Oncol 2004)。レトロスペクティブ的に、49名の患者が予後不良グループにカテゴリー分けされた(Motzerら、J Clin Oncol 2002)。このグループにおいてTEMSR治療を受けた患者は、第一選択でIFN治療を受けた予後不良グループよりも1.7倍の生存期間中央値が認められたことがMotzerらによって報告された。第1相試験では、進行RCC患者におけるTEMSR+IFN併用の最大耐量は、TEMSR 15mg静注(IV)週1回+IFN 6百万単位(MU)皮下注(SC)週3回(TIW)(Smithら、Proc ASCO 2004)であった。上記で述べたように、予後不良進行RCC患者の第一選択治療におけるこの第3相試験は、2003年7月に開始された。

 

試験方法:
進行RCCで、これまでに全身療法を受けていない、6つのリスク・ファクターのうち3つ以上を持つ場合(5つはMotzerの基準と1箇所以上の転移部位)、このオープンラベル試験に登録された。患者は、IFNを18MU SC TIWまで投与する1群、TEMSRを25mg IV週1回を投与する2群、または、TEMSRを15mg IV週1回+IFNを6MU SC TIWを投与する3群にランダムに割り付けられた(1:1:1)。主要試験評価項目は、生存期間であり、その試験は、TEMSR群とIFN群の効果を比較できるようにデザインされた。

 

結果:
われわれはIDMCにより実施された中間分析からの、2006年3月20日の予備的なデータを報告する。登録した626名の患者のうち、442名が死亡となった。TEMSRで治療を受けた患者は、IFNで治療を受けた患者よりも統計学的に生存期間が長いことが認められた(表参照)。IFNとTEMSR+IFNで治療を受けた患者の生存期間は、統計学的に差はなかった。グレード3以上の有害事象の発現頻度が高い上位3つは、衰弱(1群:2群:3群、3.27%:12%:30%)、貧血(24%:21%:39%)、および呼吸困難(8%:9%:11%)であった。

 

結論:
TEMSR単剤投与は、予後不良進行RCC患者の第一選択治療で、IFNと比較して、優位に生存率を増加し、その安全性は受け入れられるものであった。

 

治療群ごとの全生存率

 

IFN(1

TEMSR(2

TEMSR + IFN(3

N

207

209

210

死亡、n(%)

149(34)

141(32)

152(34)

生存期間、中央値(95% CI)、月

7.3(6.1, 8.9)

10.9(8.6, 12.7)

8.4(6.6, 10.2)

プロトコールで定められた比較

NA

2群:1群

3群:1群

生存期間、ハザード比(95% CI)

NA

0.73(0.57, 0.92)

0.95(0.76, 1.20)

生存期間、ログランク検定p

NA

0.0069

0.6912

NA:非適用

 

原文掲載日

翻訳湖月みき

監修瀬戸山修(薬学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  7. 7ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他