[ 動画 ]

NCIミニット:CAR-T細胞免疫療法

日本語動画のURL:https://youtu.be/51XGw7z-1nE

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
 CAR-T細胞免疫療法が効きにくい遺伝子特性

「NCIミニット」は、話題のがん研究の新知見をお届けする動画シリーズで、NCIの報道部長ジェームズ・アレクサンダーがお届けします。 シリーズ最初の動画は、急性リンパ性白血病(ALL)の治療に使われるCAR-T細胞免疫療法に関する情報です。

CAR-T細胞療法について詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.cancer.gov/about-cancer/t…

特定の遺伝子制御パターンを持つ白血病では、CART療法が効きにくい可能性/AACRニュース

◆─────────────────◆

1  NCIミニットです

2  米国国立がん研究所のジェームズ・アレクサンダーと申します

3  革新的な進歩を遂げるがん治療で最先端を行くのが”CAR-T細胞療法”です

4  CAR-T細胞療法は免疫療法の一種で患者さんの免疫細胞を取り出して

5  がん細胞を攻撃するようにプログラムし直して 患者さんに戻します

6   このCAR-T細胞療法に新たな展開がありました

   急性リンパ性白血病の治療についてです

7  この白血病はALLと呼ばれます

8  先日の米国がん学会(AACR)での発表によると

   一部の白血病患者で――

9   CAR-T細胞療法に反応しにくくなる遺伝子制御パターンが特定されました

10  この発見によって今後 研究者たちは併用療法や代替療法の開発に着手できます

11  これは CAR-T細胞療法に耐性を示す患者さんのためにもなります

12  以上 米国国立がん研究センターから研究の最新情報でした

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳JAMT字幕チーム

監修佐々木裕哉(白血病/MDアンダーソンがんセンター)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事