[ 記事 ]

新型コロナウイルス:がん患者さんが知っておくべきこと

更新日:2020年4月25日 本記事は、毎日内容がレビューされ、更新されています。
 

メリー・ジェニファー・マーカム医師、米国内科医師会会員:メリー・ジェニファー・マーカム医師、米国内科医師会会員は、フロリダ大学、血液・腫瘍学の暫定責任者、フロリダ大学医学部の准教授、フロリダ大学ヘルスがんセンター、メディカルアフェアーズ部門の副部長を務めています。婦人科がんの治療が専門です。マーカム医師はASCOのがんコミュニケーション委員会の委員長です。マーカム医師のツイッター@DrMarkhamを フォローしてください。

*******

米臨床腫瘍学会(ASCO)は、がん患者、がんサバイバー、特に免疫機能が低下している人々がコロナウイルスが自分たちの健康に与える影響を心配していることを理解しています。患者さんは、担当のがん専門の先生や健康管理チームの方に感染から身を守る方法について話し合う必要があります。(*以下、COVID-19=新型コロナウイルスのこと)

コロナウイルス2019とは何ですか?

コロナウイルス疾患2019(またはCOVID-19)は、新規(または新型)コロナウイルスによって引き起こされる呼吸器疾患で、2019年12月の中国の武漢で最初に発見されました。

コロナウイルスは、風邪といった軽微な病気から重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)といった重度な病気を引き起こすウイルスまで含まれる大きなウイルス属に含まれます。新型コロナウイルスはSARSに関連したコロナウイルス(SARS-CoV)であることから、SARS-CoV-2と命名されました。

この病気は、咳やくしゃみをしたときに鼻や口から広がる少量の飛沫を介して人から人へと感染します。これらの飛沫を吸い込んだり、表面に飛沫がついているものを触った後に目や鼻、口を触ったりすることでCOVID-19に感染する可能性があります。COVID-19に関する研究は進行中ですが、基本的には、COVID-19は主に呼吸器からの飛沫に接触することで広がると考えられています。この飛沫は空気や私たちが触る物の表面への付着を介して広がります。

COVID-19による症状は軽度から重度に渡り、発熱、咳、息切れなどが含まれます。その他には疼痛、鼻づまり、鼻水、のどの痛み、下痢など症状があります。しかし、中には感染しても症状がない人もいます。

このコロナウイルスの感染を防ぐには何ができますか?

有効で安全なワクチン開発の研究が複数行われていますが、現在、COVID-19に対するワクチンはありません。

自分の身を守る最も重要な方法は、COVID-19に曝露しないようにすることです。できるだけ家に居るようにし、混雑する場所を避けます。不必要な旅行は避け、米国疾病対策センター(CDC)や世界保健機構(WHO)の旅行制限ガイダンスに従ってください。

その他の自分自身を守る重要な方法は、石鹸と水で少なくとも20秒以上、手を頻繁に洗うことです。20秒とは大体「ハッピーバースデートゥーユー」を最初から最後まで2回歌うくらいの長さです。石鹸や水がない場合には、60%以上のアルコールを含む手消毒を使います。手を清潔にする最も効果的な方法は、石鹸と水です。

頻繁に手を洗うことに加えて、以下のことが重要です:

・目、鼻、口を触らないようにする。

・咳やくしゃみをするときにはティッシュペーパーを使用する。使用後はティッシュペーパーを捨てること。もしくは、手ではなくひじに向かって咳やくしゃみをする。

・病気の人と近距離での接触は避ける。

・接触するものや表面を頻繁に洗剤や雑巾できれいにする。これらの表面やものにはドアノブ、テーブル、トイレ、キーボード、タブレット、携帯電話などが含まれます。

COVID-19に感染しても無症状で感染に気づかない人がいます。またはまだ症状が出ていない人もいます。そのため、CDCは、人の中に行く際には布のマスク(フェイスカバー)をすることを推奨しています。布マスクの着用ではウイルスからの感染を防ぐことはできません。しかし、周囲へのウイルス拡散を防げる可能性があります。

CDCは、サージカルマスクやN95 マスクの着用を推奨していません。これらの生産数は限られており、医療従事者に供給されるべきだからです。

 布フェイスマスクやフェイスカバーの着用は、ソーシャルディスタンシング(社会的な距離)の代替にはならないことに留意してください。

ビタミンCの摂取は、多量に摂取したとしても、COVID-19の感染防止に役立つという根拠はありません。

がん患者が特に気を付けることはありますか?

がん患者さん、現在がん治療中の方、高齢者、肺疾患、糖尿病、心疾患といった重篤な慢性疾患のある方はCOVID-19により重篤になるリスクが高い可能性があります。がん患者さんにもがんを患っていない方々と同じルールが適用されます:必ずよく手を洗うこと、頻繁に洗うこと。顔を触らないようにし、病気の人と近距離での接触は避けること。

COVID-19により重篤になるリスクの高い人は、COVID-19大流行中のこの時期は、不必要な旅行は避けるべきです。米国のほとんどの地域では、「所定の場所に避難する」または「自宅に留まる」という命令が発効しています。これらの地域にお住まいのがん患者は、どうしても必要な場合を除き、自宅から出ないようにしましょう。国から発令された「避難」規制がまだない地域に住んでいる人も、そのような命令が発令されているかのように生活することが一番です。他の人との接触を減らすために家にとどまってください。社交的な集まりを避けてください。どうしても外出しなければいけない場合は、自分と他の人との間に、6フィート(約2m)以上の距離を保ちましょう。外出は、食料品の買い出しや薬局での薬の受け取りなど重要な理由がある時のみとし、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。

処方薬、市販薬ともに必要な薬が十分量、少なくとも1カ月分、手元にあることを必ず確認しましょう。家族、友達、隣近所の方、コミュニティや近隣で必要な時に情報提供やサポートしてくれる方などを含む緊急連絡先リストを作成または更新しておきます。

あなたのサポートシステムにいつでも連絡できるように、家族や友人とビデオチャットや電話で繋がる計画を立てます。ビデオやその他のライブチャットが行える技術には、フェイスタイム、ズーム、Googleハングアウトあるいはインスタグラムやフェイスブックなどのソーシャルメディアのツールがあります。

COVID-19大流行中にがんの治療予定がある場合、担当のがん専門医と治療の継続または延期の利点とリスクに関して話し合います。治療の予定はないけれど、診察の予約が入っている場合、ビデオ会議や遠隔医療による診察が可能な場合もあります。この方法があなたに推奨されるかどうか、がん管理チームに必ず確認してください。

最後に、あなた自身が決断できないほど重症になったときのために、あなたの健康管理に関する希望を書いておくことは常に重要です。あなたの家族やあなたの医療チームがあなたにとって重要なことや希望を知ることができます。まだ、行っていないのであれば、今が良い機会です。このトピックに関する有用な情報がCancer.Netにあります。(英語)

訪問者数を制限したり、訪問者の受け入れを取りめる病院や診療所もあるため、健康管理に関する希望を書いておくことは今まで以上に重要です。以下に重要な質問をいくつか紹介しますので、大切な方と一緒に話し合って書いてみてください。

・許容できる生活の質はどんなものか?

・健康状態が悪化したとき、一番大切にしたいことは何か?

・会話ができなくなったとき、代わりに話してもらいたい人は誰か?

・治療に関する決定に参加して欲しくないのは誰か?

・心停止した場合、心配蘇生(CPR)を希望するか?

がん治療のための来院に変化はありますか?

COVID-19の大流行と、公共の場へ出かけることによるウイルス曝露のリスク増加を考慮して、病院や診療所の多くは来院ポリシーを変更しています。患者1人あたり1名の訪問を許可する施設もあれば、訪問者の受け入れを取りやめる施設もあります。受診のため施設へ向かう前に、病院や診療所へ最新の来院ポリシーを確認してください。

がん治療チームは、予約の一部を遠隔診療に切り替える可能性があります。遠隔診療の予約では、患者さんは自宅にいながら、主治医や他の医療チームメンバーとビデオ会議や電話で面会をします。主治医のオフィスでは、遠隔診療の予約にどのようなシステムを使用しているかをお知らせし、どのように診察を受ければよいか説明があります。

主治医は骨強化療法(例えばデノスマブ(Xgeva)、ゾレドロン酸(ゾメタ)、経静脈鉄補充)などの支持療法の延期を勧めるかもしれません。医師が治療延期を勧めるのは、そうすることが利益になると判断した場合です。マンモグラムや大腸内視鏡検査などのがんスクリーニング検査も、ウイルス曝露のリスクを減らすために延期することがあります。

がん専門医は、化学療法や免疫療法などの薬剤を使うがん治療について、治療間の間隔を長くすることを勧める可能性があります。また、がんの診断状況や治療目的によっては、これらの治療開始の延期を勧めることもあります。がん専門医は、あなたの状況に応じたリスクとメリットを考慮した上でのみ、そう判断することを心に留めておくことが大切です。

がんと診断されていなくとも、リンチ症候群やBRCA変異といった遺伝性がん症候群を持つ人など、がんのリスクが高い人は、スクリーニング検査やがんリスク軽減のための処置を遅らせることを主治医に勧められる可能性があります。一般的には、これらの検査はある程度の期間延期しておいても問題ありません。特定のリスクについて不安がある場合は、手続きを遅らせることのリスクと利点について医師と話し合ってください。

コロナウイルスに感染したかもと思ったら何をすべきですか?

熱あるいは咳や息切れといった呼吸器疾患の症状がある場合、医療従事者や救急部門へ行く前に、まず電話で連絡をしてください。COVID-19に感染した疑いがあることを伝えてください。あなたの症状や旅行歴、接触感染の可能性や健康上のリスク因子について電話で問診を行った後、COVID-19検査を受けるべきかどうか判断されます。それから、あなたの住む地域でどのように検査を受けるか指示してくれます。

患者さんからよく尋ねられるのは、どの医師に電話をすればよいかということです。あなたが一番連絡を取っている医師に電話をすることをお勧めします。がん治療後1年以上経過している場合や、近くのかかりつけ医に定期的に通っている場合、かかりつけ医に連絡をするのがよいでしょう。もしくは、がん治療中であったり腫瘍医のところへ定期的に通っているのであれば癌治療の主治医に電話をしてください。

免疫機能を抑制する抗がん治療を受けており、熱や呼吸器症状が発現した場合、通常、治療中に熱が出た時と同様にがん専門医に連絡してください。いつ診療所や病院に行くべきか、自宅に居た方がより安全かについての指示には必ず従ってください。

COVID-19に感染した可能性がある場合、検査を受け、結果を待っている間は、在宅し、ご自身を隔離してください。病気の時に在宅するという方法は、新型コロナウイルスやインフルエンザといった呼吸器系のウイルスを他の人に移さないための最良の方法です。同居人がいる場合は同居人にウイルスを広げるリスクを下げるためにも、できれば自室に自己隔離すべきでしょう。

現在、FDAに承認された自宅での検査キットはありません。

再度、書きますが、必ず手を頻繁に洗ってください。

コロナウイルスに感染しているかを知る方法はありますか?

抗体検査(血清検査)が開発されました。この検査により、あなたがCOVID-19に感染しているかを判定できます。この検査は血液の抗体を調べるものです。抗体とは、感染に反応して体内で作られる特定のタンパクです。

抗体検査では、必ずしも、COVID-19に対する免疫があるかどうか、あるいはCOVID-19の二次感染に対して免疫があるかどうかはわかりません。COVID-19 に感染した人の中には、抗体を作らない人もいます。あるいは、抗体のレベルが非常に低いかもしれません。人によっては、抗体検査で抗体が検出されても、その抗体はCOVID-19ではなく、別のコロナウイルスに関連したものであることを意味する「偽陽性」の抗体検査を受けることがあります。

抗体検査はまだ広く普及しておらず、自宅での検査はまだできません。

COVID-19の治療薬はありますか?

研究者らは、COVID-19の治療薬の開発および試験を一生懸命に行っています。臨床試験は人が関わる研究的試験です。非常に早く研究が進み、研究者や医師によりこの病気に有効な治療を見つけるための臨床試験が計画されました。COVID-19治療の臨床試験が米国やその他の国々の一部の地域で開始されています。コロナウイルス疾患と診断され、COVID-19患者を対象とした臨床試験に参加する場合には、これらの治療を受けられる可能性があります。また、臨床試験に参加することにより、研究者がこの病気に対する最も有効で安全な治療薬を見つけるために役立つかもしれません。例えば、Beat19研究およびスタンフォード研究は、研究者が病気の経過を知り、治療法を見つけるのに役立つように、COVID-19にかかっている可能性のある人から症状を収集することを目的としています。

回復期患者の血漿投与とはCOVID-19から回復した患者から採取できる血液の液体部分です。この血漿にはSARS-CoV-2の抗体が含まれている可能性があります。回復期患者の血漿はCOVID-19の治療として承認されていませんが、可能性のある治療薬として臨床試験で研究されています。

ヒドロキシクロロキン[Hydroxychloroquine](Plaquenil)とクロロキン[chloroquine](Aralen)は、COVID-19の予防薬として評価されています。20人の患者を対象としたフランスの試験では、これらの薬剤のCOVID-19に対する効果の可能性が示されました。しかし、この研究は少数の患者を対象としたものであり、研究の科学的な方法や発表方法に問題があるため、この2剤の有効性については結論を出すことができません。安全性と効果を確認するためには、より多くの臨床試験が必要です。

クロロキン化合物(リン酸クロロキン)は、魚用の水槽をきれいにするための添加物として使用されています。水槽清掃用のクロロキン摂取による一人の死亡と複数の過剰摂取が報告されています。この製品を服用してはいけません-死に至る可能性があります。

インターネット上の都市伝説には、漂白剤を飲むとコロナウイルスに効くというものもあります。これは全くのデタラメです。漂白剤を飲んだら死に至る可能性があります。

いつパンデミックは収束しますか?

公衆衛生の専門家は政府と共に、この疑問に答えるために取り組んでいます。米国のいくつかの地域では、今後数週間のうちに、一部の屋内避難や自宅隔離が解除されるかもしれません。しかし、コロナウイルスは地域内、または一部の地域では他の地域よりも多く循環し続けていることがわかっています。必要ではない商業的事業が再開し、より多くの人々が定期的に自宅を離れ始めるにつれて、COVID-19の症例や死亡者がまた急増することが予想されます。

あなたの地域、市区町村、または都道府県が、必要のない事業を再開することを許可し始めた場合、安全を確保する最善の方法は、家に留まり続け、できるだけ人前に出ることを避けることです。家を出なければならないときは、布製のフェイスマスクやフェイスカバーを着用し続けましょう。徹底的に頻繁に手を洗い、食料品店や薬局など他の人がいるかもしれない場所に行く必要がある場合は、他の人から少なくとも6フィート(約1.8メートル)離れてください。

最も安全な方法は、特にリスクが高いと考えられる場合は、自宅待機の制限がまだあるかのように生活を続けることです。

COVID-19に関する最新情報はどこにありますか?

常にCOVID-19大流行に関する最新情報を取得しておくことが重要です。CDCおよび自治体の健康課にはあなたの地域で感染が確認されたかについて進行中の情報があります。

*******

翻訳後藤若菜、佐々木亜衣子(更新分)

監修野崎 健司(血液・腫瘍内科/大阪大学医学系研究科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事