[ 動画 ]

末梢血幹細胞移植のドナーになる

  • 2019年7月16日
  • 発信元:米国国立がん研究所(NCI)

日本語動画のURL:https://youtu.be/PP9n3yJUHbs

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆

骨髄移植や末梢血幹細胞移植のドナーになろうと考えたことはありますか? この動画では、米国国立がん研究所(NCI)元職員のSerena Marshallが、メリーランド州ベセスダの国立衛生研究所(NIH)臨床センターで末梢血幹細胞移植ドナーになった時の体験をご紹介します。

骨髄移植(BMT)および末梢血幹細胞移植(PBSCT)は、白血病やリンパ腫などのがん治療で、大量化学療法や放射線療法によって破壊された幹細胞をドナーから採取した幹細胞と入れ替える目的で行われるのが最も一般的です。BMTおよびPBSCTの詳細については、https://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/types/stem-cell-transplant/stem-cell-fact-sheet をご参照ください。

ドナーになることに興味をお持ちの方は、全米骨髄バンク(National Marrow Donor Program® ,NMDP)までご連絡ください。NMDP(サイト:http://www.marrow.org )は、連邦政府から資金を得て、ドナーになる意思を持つ方々の国際登録を行っている非営利団体です。
◆─────────────────◆

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳畔柳祐子

字幕指導寺田真由美

監修佐々木裕哉(MDアンダーソンがんセンター 白血病科)

出演者
  • Sarah Pogue
  • RN /
  • NIH骨髄バンク・シニアコーディネーター(Senior Coordinator NIH Marrow Donor Program)

原語動画URLhttps://www.youtube.com/watch?v=mnTnkR7I0zk

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事