FDA、タシグナをフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病治療薬に承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDA、タシグナをフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病治療薬に承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDA、タシグナをフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病治療薬に承認

原文
FOR IMMEDIATE RELEASE:2007年10月30日
Media Inquiries: Christopher DiFrancesco, 301-827-6242
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

米国食品医薬品局(FDA)はTasigna〔タシグナ〕(nirotinib〔ニロチニブ〕)カプセルを、イマチニブを含む他の治療に抵抗性あるいは不耐容のフィラデルフィア染色体陽性成人慢性骨髄性白血病(CML)患者への治療薬として承認した。イマチニブ(グリベック)はフィラデルフィア染色体陽性CMLと新たに診断された患者への治療薬として承認されている。 FDAの承認には、不整脈や突然死を引き起こす恐れのある起こりうる致死的な心臓障害に対する黒枠警告が含まれている。

CMLは全成人白血病の15%を占め、2007年には約4,500人が新たにCMLと診断されるであろう。フィラデルフィア染色体と呼ばれる染色体異常が白血病細胞に見られ、CML患者の大多数に存在する。

「今回の承認でイマチニブ抵抗性または不耐容のCML患者にとって治療の選択肢が一つ増えることになります。しかし、タシグナに関連して起こりうる致死的な心臓障害があるため、患者は医師と相談すべきです。」とFDA科学および医学プログラムの副局長で、医薬品評価研究センター最高医療責任者兼局長代行のJanet Woodcock, M.D.氏は言う。

 

タシグナの有用性は進行中の臨床試験で観察された奏効率に基いており、奏効率は血球数の正常化と骨髄検査に関係している。これらの奏効持続期間を決定するため、患者のさらなる追跡調査が必要である。

 

患者は食事と一緒にタシグナを服用しないようにし、グレープフルーツ製品の摂取を避けることで心臓障害の可能性を軽減できる。また、タシグナ服用時に心臓障害を引き起こす恐れのある他の薬剤を避けることについて医師や医療従事者に相談すべきである。

 

血中カリウムまたはマグネシウム濃度の低い患者はタシグナを服用してはいけない。

 

最もよく見られる副作用には血球減少、発疹、頭痛、吐き気、掻痒(かゆみ)があり、他に起こりうる重篤な副作用は肝臓障害、液体貯留、膵炎である。

 

女性はタシグナ服用中は妊娠を避けるべきである。妊娠中の女性は、タシグナは胎児に影響を与える恐れがあると勧告される。授乳中の母親は、タシグナ服用中は子供に母乳を与えないようにしなければならない。

 

タシグナはノバルティスファーマ社(ニュージャージー州イースト・ハノーバー)が製造している。

 

吉田加奈子  訳
林 正樹 監修

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...
  9. 9治療が終了した後に-認知機能の変化
  10. 10FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他