FDAがグリベックを稀な消化器癌の再発予防に承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAがグリベックを稀な消化器癌の再発予防に承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAがグリベックを稀な消化器癌の再発予防に承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2008年12月19日 Media Inquiries:Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDAがグリベックを稀な消化器癌の再発予防に承認

米国食品医薬品局(FDA)は、本日(2008年12月19日)、グリベック(イマチニブメシル酸塩)の新たな適応症として、消化管間質腫瘍またはGISTに対する外科的切除後の患者における腫瘍増殖の予防を承認した。GISTは極めてまれな癌で、消化管壁に分布する細胞に由来する。カハール間質細胞として知られるこの細胞は、自律神経系の一部であり、胃腸を通過する食物および液体の動きを調節するよう促している。 2001年に初めてFDAから承認されたグリベックは、腫瘍増殖を引き起こす細胞内情報伝達を阻害する画期的な新医薬品の1つである。 「医師および患者は、グリベックが承認されたことにより、このまれな消化管疾患に対する有力かつ新たな治療選択肢を得た」とRichard Pazdur医師は述べた。同医師は、FDA医薬品評価研究センターの癌治療薬オフィス(Office of Oncology Drug Products)責任者である。「かつての新薬について、その製品ライフサイクルを通じて継続的な試験を行うことにより、いかにして新しく、また有力な使用法がもたらされるかを示している」 米国では毎年約5,000~6,000人が新たにGISTと診断されている。GISTの症状は、例えば悪心や嘔吐といった他の消化管疾患の病訴と何ら変わりがないため、腫瘍の早期発見が困難となっている。患者は最初に腫瘍摘出手術を受けるが、GISTは再発することが多い。グリベックは腫瘍の再発を予防するために、手術後の患者に対して投与されることを目的としている。 グリベックの有効性は、外科的切除術を受けたGIST患者に対し、術後1年間グリベックまたはプラセボのいずれかを投与した臨床試験により実証された。最適な治療期間はわかっていない。 グリベックを投与した群において、投与しなかった群よりもGISTの再発が有意に少なかった。最も高い頻度で報告された有害反応は、下痢、疲労、悪心、足の膨張、赤血球数の減少、発疹、嘔吐および腹痛であった。 グリベックは、スイス・バーゼルのノバルティス株式会社が製造する。

******

 

入江瑞穂 訳 千種葉月(薬学) 監修

原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8FDAがベバシズマブとトラスツズマブのバイオ後続品を...
  9. 9治療が終了した後に-認知機能の変化
  10. 10ペムブロリズマブ、欧州にて局所進行・転移性尿路上皮が...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他