FDAが子宮頸癌の新たな予防ワクチンとしてサーバリックスを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが子宮頸癌の新たな予防ワクチンとしてサーバリックスを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが子宮頸癌の新たな予防ワクチンとしてサーバリックスを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年10月16日
Media Inquiries: Shelly Burgess, 301-796-4651, shelly.burgess@fda.hhs.gov
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDAが子宮頸癌の新たな予防ワクチンとしてサーバリックスを承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日(10月16日)、ヒトパピローマウイルス(HPV)16型および18型に因る子宮頸癌や前癌病変を予防するための新ワクチンサーバリックスを承認した。本ワクチンは10~25歳の女児および成人女性での使用について承認された。性器HPV感染症は、米国で最も一般的な性感染症であり、HPV16型および18型は世界中の子宮頸癌の約70%の原因でとなっている。米国国立衛生研究所の国立癌研究所によると、米国では2009年1年間で子宮頸癌新規患者が11,270人、死亡例が4,070人になると推測されている。

FDA生物製剤評価研究センター所長代理であるKaren Midthun医師は、「今回のサーバリックスの認可は、子宮頸癌の予防におけるもう一つの選択肢となる。サーバリックスは、パップテストで異常が認められた場合に必要な追跡調査に伴う生検および侵襲的処置の必要性を減らすだけでなく、子宮頸癌から命を救う可能性がある」と述べる。

サーバリックスの初期の臨床試験には、米国および他の11カ国の15~25歳の女性18000人以上が参加した。これらの女性のうち、約9000人がサーバリックスの接種を受け、約9000人が対照として認可済みA型肝炎ワクチンであるHavrixの接種を受けた。

結果によると、試験開始前にHPV16型または18型、あるいはその両方に感染歴のない女性では、サーバリックスはこれらのHPV ウイルスに起因する前癌性子宮頸部病変の予防に約93%有効であった。試験開始時にHPV16型または18型、あるいはその両方に陰性の女性も陽性の女性も含む全てのサーバリックスワクチン接種者では、サーバリックスは前癌性子宮頸部病変の予防に約53%有効であった。

また、試験にて10~14歳の女児を対象としてサーバリックスに対する免疫反応を調べたところ、15~25歳の成人女性と同等であった。このことは、本ワクチンは10~14歳の年齢群においても同等の有効性があるはずであることを示唆している。

現在のデータでは、サーバリックスの予防効果は約6.4年間であることが示されているが、予防期間に関してはさらなる情報が近々得られるであろう。

全てのワクチンが100%有効ではなく、サーバリックスはワクチン接種時にすでにHPV感染している場合には予防効果がなく、ワクチンに含まれないHPV型に対しては必ずしも予防にはならない。したがって、サーバリックス接種を受ける全ての女性に対して定期的なパップテストの推奨を継続する。癌進行前の治療を可能にするパップ検診は前癌性変化を検出するうえで依然として非常に重要である。

サーバリックスはアジュバンドAS04を含む。AS04は水酸化アルミニウムとモノホスホリル脂質A(MPL)からなっており、FDAに認可された初のアジュバンドとしてMPLを含むワクチンである。アジュバンドはワクチンに組み込まれ、ワクチン接種を受けた人の免疫反応を増強あるいは指揮する試薬である。

ワクチンの安全性は約24000人の女児および女性(そのうち約13000人がサーバリックス接種を受けた)で評価された。サーバリックス接種グループにおいて最も多く報告された副作用は、注射部位疼痛、発赤および腫脹、倦怠感、頭痛、筋痛、関節痛、胃腸障害であった。

サーバリックスは妊婦には適応とされていないが、FDAは製造会社であるGlaxoSmithKline Biologicals社に妊娠が判明する前にワクチン接種した妊婦においてサーバリックスの安全性を評価するため市販後調査を行うよう求めている。妊婦、妊娠している可能性のある女性、ワクチン接種期間に妊娠を計画している女性はサーバリックスを使用するべきではない。

サーバリックスは初回投与量で、初回、初回から1カ月後、初回から6カ月後の3回接種する。

サーバリックスは英国拠点のGlaxoSmithKline Biologicals社が製造している。

******

******
張 知子 訳
林 正樹(敬愛会中頭病院) 監修
******


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  7. 7ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他