[ 記事 ]

2018年泌尿生殖器がんシンポ:前立腺、膀胱、腎臓がん最新知見

2018年泌尿生殖器がんシンポジウム(Genitourinary Cancers Symposium)の協賛者らは本日、会議の公式記者発表で注目が集まる4件のアブストラクトを発表した。研究者らは、記者向けに解禁されるプレスキャストで、これらの研究に関する知見を発表する予定。同会見は2018年2月5日正午から午後1時30分(米国東部標準時)に行われる。

 

プレスキャストでは以下の研究が紹介される:

現在、承認された治療法がない前立腺がんの一形態である非転移性去勢抵抗性前立腺がんの治療のためのapalutamideによるホルモン療法を調査するランダム化第3相臨床試験(アブストラクト161)

 

前立腺がんに対する一次ホルモン療法にドセタキセルを追加した場合の健康関連のQOLおよび費用対効果の分析(アブストラクト162)

 

アテゾリズマブによる免疫療法を受けた進行膀胱がん患者に対する全生存期間を予測する予後モデルを評価する研究(アブストラクト413)

 

進行腎臓がんの一次治療のための、アテゾリズマブ+ベバシズマブvsスニチニブのランダム化第3相試験(アブストラクト578)

 

2018年 泌尿生殖器がんシンポジウムは、2月8~10日にカリフォルニア州サンフランシスコ、Moscone Westビルで開催される。シンポジウムで発表されるアブストラクトでは、前立腺、腎臓、精巣、および膀胱がんの予防、スクリーニング、診断、治療における最新の戦略について議論する。記者向けの現地施設には、作業用ニュースルームがあり、泌尿生殖器がんの第一人者の話を聞く機会もある。

 

会議への登録方法、プレスキャストへの参加方法については、2018年 泌尿生殖器がんシンポジウムのメディアリソースセンターのサイトをご覧ください。

翻訳石塚啓司

監修榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事