FDAが再発性または治療抵抗性の急性骨髄性白血病にenasidenibを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが再発性または治療抵抗性の急性骨髄性白血病にenasidenibを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが再発性または治療抵抗性の急性骨髄性白血病にenasidenibを承認

米国食品医薬品局(FDA)

米国食品医薬品局(FDA)は本日、新規分子標的薬enasidenib(商品名:Idhifa)を、特定の遺伝子変異をもつ再発または治療抵抗性の急性骨髄性白血病(AML)の成人患者を対象とする治療薬として承認した。この薬剤の承認はコンパニオン診断を条件としており、AML患者のIDH2遺伝子における特定の変異を検出するためにRealTime IDH2 Assayが用いられる。

 

Enasidenibは、十分な治療法がないIDH2変異をもつ再発または治療抵抗性AML患者のニーズを満たす分子標的療法です」と、FDAオンコロジー・センター・オブ・エクセレンスのセンター長でFDA医薬品評価研究センター血液・腫瘍学製品室室長代理のRichard Pazdur医師は述べた。「Enasidenibを用いたところ、一部の患者では完全寛解につながり、赤血球および血小板輸血のいずれの必要性も低下しました」。

 

AMLは、骨髄に生じる進行の速いがんで、血流中や骨髄内で異常な白血球の数が増加する。米国国立衛生研究所国立がん研究所は、今年AMLと診断されるのは約21,380人、2017年のAMLによる死亡者数は約10,590人であると推定している。

 

Enasidenibはイソクエン酸デヒドロゲナーゼ2阻害薬で、細胞増殖を促進する数種類の酵素を阻害することによって効果を発揮する。RealTime IDH2 Assayを用いてIDH2変異が血液または骨髄検体中に検出された患者は、enasidenibによる治療に適格であると考えられる。

 

Enasidenibの有効性は、RealTime IDH2 Assayによって検出されたIDH2変異を有する再発または治療抵抗性AML患者199人による単群試験において検討された。この試験では、疾患の徴候がなく治療後の血球数が完全に回復した(完全寛解、CR)患者、および疾患の徴候がなく治療後の血球数が部分的に回復した(部分的な血液学的回復をともなう完全寛解、CRh)患者の割合を調べた。治療期間6カ月間以上で、患者の19%において中央値8.2カ月間のCRが、4%において中央値9.6カ月間のCRhが認められた。試験開始時にAMLが原因で赤血球または血小板輸血を必要とした157人の患者のうち34%は、enasidenibによる治療後、輸血を必要としなくなった。

 

Enasidenibによくみられる副作用には、悪心、嘔吐、下痢、ビリルビン(胆汁に含まれる物質)増加、および食欲減退などがある。 妊娠中または授乳中の女性は、発育中の胎児または新生児に害を及ぼす可能性があるため、enasidenibを服用すべきではない。

 

Enasidenibの添付文書には枠組み警告として、分化症候群として知られる有害反応が起きる可能性があり、治療しなければ致命的となる可能性があると記載されている。分化症候群の徴候および症状には、発熱、呼吸困難、急性呼吸促迫、肺の炎症(X線検査による肺浸潤像)、肺または心臓周辺の液体貯留(胸水または心嚢液貯留)、急激な体重増加、腫脹(末梢性浮腫)または肝、腎あるいは多臓器不全などがある。医師は、最初に症状を疑った時点で、症状がなくなるまで患者に副腎皮質ステロイド薬を投与し、患者を注意深く監視するべきである。

 

Enasidenib優先審査指定を受けた。この指定は、FDAがその薬剤が承認されれば重篤な疾患の治療、診断、または予防の安全性または有効性を有意に向上させると判断した場合に認められ、6カ月以内に申請を審査することを目標としている。Enasidenibオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)指定も受けた。この指定は、希少疾病用医薬品の開発を支援および促進するためのインセンティブを提供する。

 

FDAIdhifaの承認をCelgene Corporation社に付与した。また、RealTime IDH2 Assayの承認をAbbott Laboratories社に付与した。

 

処方情報全文はこちら: https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2017/209401s000lbl.pdf

原文掲載日

翻訳粟木 瑞穂

監修野﨑健司(血液・腫瘍内科/大阪大学大学院医学系研究科 )

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他