[ 記事 ]

メディア向け:2017年ケアの質シンポジウム記事を公開

2017年ケアの質シンポジウムのすべての抄録が公開された。これらの抄録はabstracts.asco.orgで公開されており、ジャーナリストが現在報道可能である。

 

主な研究は次のとおりである。

 

抄録108 

院内調剤所の設置で治療の質が向上し、処方ミスも減少(日本語訳はこちら

 

ポスターセッションA:質の高い診療 – そのコスト、価値、政策
2017年3月3日(金)午前11時30分~午後1時(米国東部標準時)
2017年3月3日(金)午後4時15分~午後5時15分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーグランドサイプレス、リージェンシーホール、1階
Kerin B. Adelson医師およびHoward Cohen氏(薬学士(BSPharm)、理学修士(MS)、米国病院薬剤師会フェロー(FASHP)) イェール大学医学大学院 コネチカット州、ニューヘブン

 

 抄録135

 乳がんの治療、転帰に関するがんセンターのウェブサイト情報を検討(日本語訳はこちら

ポスターセッションA:質の高い診療 – そのコスト、価値、政策
2017年3月3日(金)午前11時30分~午後1時(米国東部標準時)
2017年3月3日(金)午後4時15分~午後5時15分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーグランドサイプレス、リージェンシーホール、1階
Caleb Dulaney医師
アラバマ大学バーミンガム校放射線腫瘍学科 アラバマ州、バーミンガム

 

抄録18

 精神衛生状態が乳がんおよび前立腺がん患者におけるがんケア関連費用と来院増加の原因となる(日本語訳はこちら

 

ポスターセッションA:質の高い診療 – そのコスト、価値、政策
2017年3月3日(金)午前11時30~午後1時(米国東部標準時)
2017年3月3日(金)午後4時15分~午後5時15分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーグランドサイプレス、リージェンシーホール、1階
Diana D. Jeffery博士 Defense Health Agency バージニア州、フォールズチャーチ

 

2017年ケアの質シンポジウム ニュースプランニングチーム

  • Don S. Dizon医師(議長)(マサチューセッツ総合病院)
  • Timothy D. Gilligan医師(理学修士(MSc)、クリーブランドクリニック)
  • Joshua Adam Jones医師(文学修士(MA)、ペンシルバニアヘルスシステム大学(University of Pennsylvania Health System))

 

ニュースプランニングチームの情報開示についてはこちらを参照のこと。

 

ニュース報道への引用には、2017年ケアの質シンポジウムへの帰属を明示のこと。

翻訳会津麻美

監修榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事