代謝機能不全因子は肝がんリスクの上昇と関連 | 海外がん医療情報リファレンス

代謝機能不全因子は肝がんリスクの上昇と関連

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

代謝機能不全因子は肝がんリスクの上昇と関連

米国がん学会(AACR)

肝がんは肥満関連がんであることの重大な裏付けとなるデータが示される

 

大規模前向きコホート試験により、体格指数(BMI)の上昇、腹囲の増大および2型糖尿病が肝がんリスクの上昇に関連していたという研究報告が、米国がん学会のCancer Research誌に発表された。

 

「米国における肝がんの発症率は、1970年代中期から約3倍に増加しており、患者の予後が特に厳しいがんです」とアメリカがん協会の消化器がん研究戦略ディレクターであるPeter Campbell博士は述べた。

 

肥満率が米国で増加していることを受け、同氏のチームでは、BMIと腹囲に基づく肥満と肥満関連疾患である2型糖尿病が肝がんリスクと関連しているかどうかを、異なる14件の臨床研究に登録した米国成人全体を対象として検討した。

 

「この3つの因子それぞれが肝がんリスクに強く関連していることが明らかになりました。3つの因子とも代謝機能障害に関連しています」と、Campbell博士は述べた。

 

「この結果は、肝がんが肥満関連がんであるということをはっきりと示しています」。

 

この知見はまた、肥満の抑制を目的とした公衆衛生の努力を支援するエビデンスをさらに強化すると、Campbell博士は指摘した。

 

「このことはまた、身長に比して『正常』範囲内の体重を維持するためのもう一つの理由です」、とCampbell博士は述べた。Campbell博士はまた、この知見は肥満および糖尿病がここ数十年における肝がんの急速な増加の一因である可能性を示す他のデータと一致すると付け加えた。「肝がんは単純に過度の飲酒や肝炎ウイルス感染に関連しているわけではありません」。

 

Campbell博士らは、米国での14件の前向き臨床研究に登録した157万人の成人データをプールした。登録時に参加者は身長、体重、アルコール摂取量、喫煙の有無、その他がん発症につながる潜在要因に関する質問票に回答した。登録時に、がんを有する被験者はいなかった。

 

参加者の6.5%が2型糖尿病と診断されていた。その後、2,162人が肝がんを発症した。 がんであることは著者らが確認している。

 

研究者らは、肝がんの相対リスクを明らかにするため、肥満や糖尿病の有無で肝がんの発症率を比較した。

 

BMIが5(kg/m2)上昇するごとに、肝がんリスクが男性で38%、女性で25%上昇した。また、腹囲の5 cmごとの増大により肝がんリスクは8%上昇した。

 

飲酒量、喫煙、人種、BMIにより補正すると、2型糖尿病の参加者では肝がんと診断される率が2.61倍であり、BMIの上昇に伴い、さらにリスクは上昇した。

 

「米国における肝がんの生涯リスクは約1%であり、1年間では成人10万人あたりおよそ8人が発症します。本研究によると、2型糖尿病成人での肝がん発症リスクは2型糖尿病でない人と比べ2倍以上になります」と、Campbell博士は指摘した。

 

「公衆衛生の視点からすると、これらの結果はとても重要です。なぜなら、残念ながら肥満および糖尿病は多くの人々にみられます。他の多くの論文で指摘されているリスク因子のB型またはC型肝炎ウイルスは、肝がんの発症リスク増加に関連していますが、これらの因子は肥満および糖尿病に比べると、ずっと少ないのです」と、本研究の筆頭著者であり、国立がん研究所の代謝疫学部の主任研究者であるKatherine A. McGlynn博士(公衆衛生学修士)は述べた。

 

本研究の限界は、各パラメーターの測定が研究開始時の一時点のみであり、またすべて自己申告によるものであった。

 

本研究は米国がん研究所とアメリカがん協会による助成を受けた。

原文掲載日

翻訳JAMT Aレビュー チーム

監修辻村 信一(獣医学/農学博士、メディカルライター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  10. 10専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他