甲状腺がん罹患率、数十年上昇した後に横ばいに | 海外がん医療情報リファレンス

甲状腺がん罹患率、数十年上昇した後に横ばいに

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

甲状腺がん罹患率、数十年上昇した後に横ばいに

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~

 

数十年間上昇し続けてきた米国の甲状腺がん罹患率が横ばいに転じた可能性が、 新たな研究で明らかになった。近年の新規症例数はなおも増加しているが、その増加率は過去のものに比べてきわめて低い。

 

米国の甲状腺がん罹患率は、1990年代前半に上昇し始め、2013年には30年前の3倍に上昇した。しかし、新たな解析では、2009年には横ばいとなって以降、2012年まで比較的安定して推移していることが明らかになった。本知見は、4月14日付のJAMA Otolaryngology-Head & Neck Surgery誌で発表された

 

変化の要因は不明である。しかし、研究者らによると、変化が生じた背景には、甲状腺腫瘍のうち、悪影響を及ぼす可能性が低く、きわめて微小で進行が遅い腫瘍の検出力が向上したことに原因があることを、医師や一般市民が認識するようになったことであるという。そのような腫瘍あるいは結節は、スクリーニングの実施および超音波をはじめとする科学技術の活用によって検出される。

 

研究を主導した、スローンケタリング記念がんセンターのLuc G. T. Morris医師は「医学的問題を生じる可能性がほとんどない微小な甲状腺結節を医師らが検出し、診断している事実が広く認識されつつあります。そうした微小な結節を触診で発見することは、まずありません」と述べた。

 

傾向の変化

 

米国国立がん研究所(NCI)によるSurveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)プログラムのデータをもとに、1988年から1998年に甲状腺がん罹患率が毎年3%ずつ上昇したことを研究者らは明らかにした。その後の11年間は、毎年6.7%ずつ上昇した。2009年から2012年の間も上昇は続いたが、毎年の上昇率は1.75%でそれ以前のものよりもはるかに低かった。

 

研究の発表後ほどなく、SEERプログラムは、データが入手可能な最新年である2013年の甲状腺がん罹患率および死亡率の統計を発表した。2013年の罹患率は、前年よりもわずかに上昇したのみであった。

 

Morris博士は「更新されたSEERデータを見ても、それまでの横ばい傾向はやはり盤石です。微小な甲状腺がん(1センチメートル未満)の罹患率の増加率は、毎年9%で安定して推移しています」と述べた。

 

研究著者らによると、米国の甲状腺がん罹患率の急激な上昇は、疾患の蔓延というよりはむしろ「診断の蔓延」と認識されている、という。医学的問題を生じることのない結節の検出は、過剰診断の名で知られる。

 

NCIがん予防部門長のBarry Kramer医師は、本研究に参加していないが「過剰診断は重要です。患者の健康に影響を与えるためです。影響の1つには、患者に利益をもたらさない緩慢性の甲状腺結節への積極的な外科的治療も含まれるでしょう」と述べた。

 

「しかし、過剰治療は不必要な治療による悪影響を患者にもたらします。そうした悪影響には、不安や医療費に加え、甲状腺機能の低下、嗄声、および血中カルシウム値の低下をはじめとする長期的で重大な副作用があります」とKramer博士は付け加えた。

 

こうした過剰診断による問題に対処するため、生検を実施すべき結節に関する医師向けガイドラインを複数の専門機関が策定している。たとえば、米国甲状腺学会は2009年、微小で形状が良性である結節に対する生検を行わないよう勧告するガイドラインを策定した。

 

甲状腺腫瘍分類の修正

 

上記のような進行が遅いあるいは緩慢性の腫瘍に対する治療を減らすため、先ごろ専門家による国際的な委員会は、甲状腺乳頭腫瘍の分類の1つを修正し、「がん」という語を分類名から削除した。

 

4月14日付のJAMA Oncology誌での当該委員会による記述によると、その分類は非浸潤性の被包性濾胞型甲状腺乳頭がん(EFVPTC)として知られるもので、新規症例数は過去数十年で増加しており、現在は欧州および北米で診断された甲状腺がんの10~20%を占めるという。委員会は、そうした腫瘍は有害転帰を生じるリスクがきわめて低いことに言及し、非浸潤性のfollicular thyroid neoplasm with papillary-like nuclear features(NIFTP)と称することを提唱した。

 

ニューヨーク大学ランゴン医療センターのKepal N. Patel医師は、この修正について付随論説の中で「時宜を得た適切な変更」であると評し、全世界で年間45,000人以上の患者のケアおよび治療に影響を与えるであろう、と述べている。

 

この新たな分類は、低悪性度甲状腺腫瘍の過剰治療の抑制を試みる「大きな物語の中の1章」であるとMorris博士は言う。

 

博士らは、今後数年の罹患率データによって罹患率の安定が継続するか否かが決まると記している。また、そのような傾向が続くと、公衆衛生に影響が生じるだけではなく、「低リスク甲状腺がんの検出および治療に対しどこまで積極的に行うべきかについての適正レベル」が定まるだろう、と結論として述べた。

 

【動画訳】知っていましたか。甲状腺がんの統計

 

甲状腺がんは、米国で8番目に多いがんであるが、治療が可能であることが多く、多くは治癒も可能である。この動画では統計も交え、キーポイントをいくつかを示す。

 

原文掲載日

翻訳前田 愛美

監修東 光久(総合診療、腫瘍内科、緩和ケア/福島県立医科大学白河総合診療アカデミー)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他