[ 記事 ]

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン

<目次>

HPVワクチンとは何ですか。

どのような人がHPVワクチン接種を受けるべきですか。

HPVワクチンはどのようにして作用しますか。

HPVワクチンはどのようにして効果を示しますか。

なぜほとんどの人にとってHPVワクチン接種は重要ですか。

どのようにしてHPVワクチンは安全性が確定されますか。

HPV既往感染女性や子宮頸部細胞が変化している女性はHPVワクチン接種を受けるべきですか。

HPVワクチンを接種した女性でも子宮頸がん検診を受ける必要がありますか。

HPVワクチンの接種費用はいくらですか。また、保険で補償されますか。

どのような研究がHPV感染症予防戦略に関して実施されていますか。

HPVワクチンとは何ですか?

HPVワクチンはヒトパピローマウイルス(HPV)に対して予防効果のあるワクチンです。 HPVは200種類以上あるウイルスの一群で、そのうち40種類以上の型が直接的な性的接触を通じて感染します。このうち数種類の型は性器いぼを引き起こし、約10種類の型は、子宮頸がん、肛門がん、中咽頭がん、陰茎がん、外陰がん、および膣がんなどのがんの発症に関わっています。

米国食品医薬品局(FDA)は病原性HPV感染予防ワクチンであるガーダシル®、ガーダシル®9、およびサーバリックス®の3種類を承認しています。これら3種類のワクチンは全て、高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)であるHPV16型および18型による感染を予防します。これら2種類の型は子宮頸がんの約70%と、その他にもHPV関連がんの大半を引き起こします(1,2)。ガーダシルは性器いぼの90%を引き起こすHPV6型および11型による感染も予防します(3)。ガーダシル9はこれら4種類の型に加え、5種類の病原性HPV(31型、33型、45型、52型、および58型)による感染も予防します。

2017年5月現在、ガーダシル9は米国で唯一使用可能なHPVワクチンです。サーバリックスとガーダシルは現在も他国で使用されています。

どのような人がHPVワクチン接種を受けるべきですか?

米国疾病予防管理センター(CDC)はHPVワクチンなどのワクチン接種全般に関する推奨を作成します。ガーダシル®9接種に関する現行のCDC推奨は以下の通りです。

  • 11~12歳の小児は、HPVワクチン接種を6~12カ月間隔で、2回受けるべきです。この2回接種の間隔が5カ月未満の場合、3回目の接種が必要になります。HPVワクチン接種に対する推奨事項については、将来変更される可能性があります。
  • HPVワクチンは26歳までの若年女性と21歳までの若年男性に対して推奨されます。
  • 15歳以上で初回接種を受ける青少年は、6カ月の間に3回接種を受ける必要があります。
  • HPVワクチンの有効な一連の接種を終えた人は追加接種を受ける必要はありません。

(HIV感染者などの)免疫不全患者、男性間性交渉者、および妊婦などの特定の集団に対する追加ガイダンスは、CDCのウェブサイトで閲覧できます。

HPVワクチンはどのようにして作用しますか?

ウイルス感染を予防する他のワクチンと同様に、HPVワクチンは、人体が将来HPVに感染したときにそれに結合し、細胞への感染を予防する抗体を産生するよう促します。

現在使用されているHPVワクチンは、HPV外殻タンパク質によって作られるウイルス様粒子を基盤としています。ウイルス様粒子はウイルスDNAを持たないので、感染性を示しません。しかしながら、ウイルス様粒子は野生型ウイルス粒子に酷似し、また抗ウイルス様粒子抗体は野生型ウイルス粒子に対する活性も示します。ウイルス様粒子は免疫原性が強いことがわかっており、このことはウイルス様粒子が体内において大量の抗体産生を誘導することを意味します。これによりHPVワクチンは高い効果を示します。

これらのワクチンは他の性感染症の予防にはならず、また既にHPV感染症がある場合やHPVによる疾患の治療にもなりません。

HPVワクチンはどのようにして効果を示しますか?

HPVワクチンはHPVに最初に曝露される前に、すなわち性行為を開始する前に接種すると、標的とする型のHPVによる感染予防に高い効果を示します。

ガーダシルとサーバリックスが承認されることになった臨床試験では、これらのワクチンがHPV16型および18型による子宮頸部への持続感染と、それに伴う子宮頸部細胞の変化に対して、ほぼ完全な防御効果を示すことがわかりました。ガーダシル9は、ガーダシルと共通の4種類の型(6型、11型、16型、および18型)が引き起こす疾患に対する予防ワクチンとして、それと同等の効果を示します。これは臨床試験の参加者で同等の抗原抗体反応が生じたことに基づいています。ガーダシル9が承認されることになった臨床試験では、新規に追加された5種類の型(31型、33型、45型、52型、および58型)が引き起こす子宮頸部、外陰部、および膣の疾患の予防にほぼ完全な効果を示すことがわかりました(4)。2017年発表の政策方針書で、世界保健機関(WHO)はこれらのHPVワクチンには同等の効果があると表明しました(5)。サーバリックス®はその対象外とはいえ、他にもがんを引き起こすいくつかの型に対し部分的な防御効果を示すことが分かっています。これを交差防御と言います(6)。

現在までに、標的となるHPVの型に対する防御効果はガーダシルで10年以上(7)、サーバリックスで9年以上(8)、およびガーダシル9で6年以上持続したことが分かりました(9)。現在ワクチンの効果に関する長期試験が行われており、その結果から研究者らは防御効果の総持続期間をより詳しく理解するでしょう。

男性に対するガーダシルの臨床試験から、ガーダシルはHPVの持続感染が引き起こす肛門の細胞の変化と性器いぼを予防することが示されました(10)。サーバリックスの臨床試験に参加した女性由来データの解析により、サーバリックスは、肛門(11)と口腔 (12)におけるHPV16型および18型による持続感染から女性を防御することが示されました。

なぜほとんどの人々にとってHPVワクチン接種は重要ですか?

HPVワクチン接種と子宮頸がん検診を併用することで、子宮頸がんに対する最大の防御効果が示される可能性があります。また、HPVワクチン接種は、子宮頸部以外の部位におけるHPV関連がんの発生リスクの減少を目的とする、承認された公衆衛生的介入です。

できる限り多くの人がHPVワクチン接種を受けることが重要です。HPVワクチン接種は、各ワクチンが標的とする型のHPVによる感染から被接種者を防御するだけではありません。ある集団において、ある程度の割合でHPVワクチンを接種することで、標的の型となるHPVの有病率を低下させることが期待できます。その結果、ワクチン非接種者に対する防御効果がある程度示されます(集団免疫という現象)。例えば女児が高率でガーダシル接種を受けているオーストラリアでは、当時ワクチン接種を受けていなかった若年男性においても、ワクチン接種プログラム開始後4年以内には、若年女性と同様に性器いぼの発生率が低下しました(13)。

HPVワクチン接種の普及により、全世界の子宮頸がんの発生率が約90%低下する可能性があります(6,9)。さらにHPVワクチンは、集団検診とその後の治療、生検、ならびに子宮頸がん検診に伴う侵襲的処置の必要性を減らすため、結果的には医療費の削減および追跡調査に関連する不安の軽減に役立つことになります(14)。

最近まで、子宮頸がんに比べHPVによる他のがんはそれほど一般的ではありませんでした。しかしながら、米国ではHPV陽性中咽頭がんと肛門がん の発生率が上昇している(15)一方で、子宮頸がんの発生率は低下しています。これは主に非常に効果的な子宮頸がん検診プログラムによってもたらされたものです。したがって、現在の米国では、HPVが引き起こす非子宮頸がんの発生率は子宮頸がんと同じ頻度です。さらにHPV陽性非子宮頸がんのほとんどが男性に発生します。子宮頸がん以外のがんに対する正式な検診プログラムがないので、HPVワクチン接種の普及は公衆衛生上重要な利益になる可能性があります。例えば、ガーダシル®9は肛門がんの新規発生件数を90%減少させると推定されます(9)。

どのようにしてHPVワクチンは安全性が確定されますか?

いずれのワクチンも、認可にはFDAがその安全性と効果を確定する必要があります。3種類のHPVワクチンは全て、米国と他の多くの国々で数万人の人々を対象に臨床試験が実施されました。現在まで、HPVワクチンにより引き起こされる重篤な副作用はないことが示されています。最も頻度が高い問題は、接種部位における一時的な疼痛と他の局所症状です。こうした問題は他のワクチンで高頻度に認められるものと同様です。HPVワクチンは妊娠中における臨床試験が十分に実施されていないので、妊婦に対しては使用すべきではありません。

FDAと米国疾病予防管理センター(CDC)による安全性レビューにより、ガーダシルの認可以来予防接種後副反応報告システムに報告されている、このワクチンに関連した有害な副作用が検討されました(16–18)。その安全性レビューによると有害な副作用の発生率は、ガーダシルの認可前に実施された安全性試験で認められたものと合致し、また他のワクチンで認められたものと同様でした。しかしながら、失神と静脈血栓塞栓症イベント(血栓)は、他のワクチンで通常認められるものと比較して、ガーダシルで高率に認められました。血栓が形成された患者には、経口避妊薬の服用など血栓形成に関する既知の危険因子がありました。デンマークとスウェーデンで実施されたガーダシルの安全性レビューでは、血栓のリスクの増加は特定されませんでした(17)。 HPVワクチンに関する最新の安全性データレビューは、これらのワクチンが安全であることを引き続き示しています(19)。

失神後の転倒は時に頭部外傷などの重篤な外傷を引き起こすことがあります。ワクチン被接種者を接種後最大15分間椅子に腰を掛けさせることで、こうした外傷を大抵は予防することができます。FDAとCDCは医療従事者に対して、失神と外傷を予防するために、ワクチン被接種者全員を接種後15分間椅子に腰を掛けさせる、もしくは体を横たえさせる、そして入念に観察するよう指示しました。詳細はCDCのサイトhttp://www.cdc.gov/vaccinesafety/Vaccines/HPV/Index.html から入手することができます。

HPV既往感染女性や子宮頸部細胞が変化している女性はHPVワクチン接種を受けるべきですか?

HPVに感染した場合や細胞診で異常が認められた場合、HPV感染が示唆されます。それでも、HPVワクチンはまだ感染していない高リスク型HPVから防御すると期待されることから、接種年齢群に属するこのような女性には接種を受けるよう米国疾病予防管理センター(CDC)は推奨しています。しかしながら、HPVワクチン接種は、すでに罹患しているHPV感染症や細胞診における異常を治癒させないということを本人に伝える必要があります(20)。

HPVワクチンはHPV既往感染者に接種しても安全であることがわかっていますが、HPV感染症を治療できません。性交渉前のHPVワクチン接種を受けることにより、HPVワクチンの利益は最大となります(21)。

HPVに曝露された人は、たとえHPVワクチンに含まれるその型のうち1つまたは2つ以上にすでに感染していたとしても、ワクチンから得られる利益はあります。

現在のところ、過去にHPVに曝露された人を特定する一般に利用可能な検査方法は存在しません。現在承認済みのHPV検査では、その時点で子宮頸部に高リスク型HPV感染がみられるかどうかが示されるだけで、過去の感染に関する情報は示されません。

HPVワクチンを接種した女性でも子宮頸がん検診を受ける必要がありますか。

受けるべきです。その理由は、HPVワクチンは発がん性の型全てに対する防御効果を示さないからです。そのため、子宮頸部細胞における前がん病変を、それらががん化する前に発見するために子宮頸がん検診が引き続き不可欠です。また、子宮頸がん検診はワクチン未接種女性やHPV既往感染女性にとって非常に重要です。接種を受ける女性に対する検診に関する推奨事項については、将来変更される可能性があります。

HPVワクチンの接種費用はいくらですか。また、保険で補償されますか。
(*米国の事情です)
HPVワクチン接種費用を知る最善の方法は、民間保険プランや医療施設と連絡を取ることです。

ほとんどの民間保険プランはHPVワクチン接種費用に適用されます。米国連邦政府医療費負担適正化法(Affordable Care Act:ACA)は大多数の民間保険プランに対し、推奨済みの予防医療(HPVワクチン接種を含む)には、患者の負担や控除免責がないような保険を適用するよう命じています。

メディケイド(米国における公的医療保険制度の一つ)は、米国予防接種諮問委員会による勧告に従ってHPVワクチン接種費用に対して適用されます。なお、メディケイドの下では、20歳以下の接種資格者の予防接種は必ず保険適用となる医療行為です。また、米国連邦政府による小児のためのワクチン接種プログラムは、18歳以下の小児に予防接種を受けさせるものです。その対象となる小児は、メディケイドの有資格者、保険未加入者、保険内容が十分でない者、連邦政府認可保健センターもしくは地方診療所で予防接種を受けた者、または、アメリカ先住民もしくはアラスカ先住民です。同プログラムに関する詳細は、http://www.cdc.gov/vaccines/programs/vfc/index.htmlから入手することができます。  

ガーダシル9を製造するメルク社(北米以外ではMSD社)はメルクワクチン患者支援プログラムを提供しています。同プログラムでは、米国在住の、健康保険未加入かつ世帯年収が一定額未満の19~26歳の人に対して、ガーダシル9を無料で提供しています。詳細は、http://www.merckhelps.com/GARDASIL%209から、または1–800–293–3881に電話することで入手できます。

どのような研究がHPV感染症予防戦略に関して実施されていますか?

HPVワクチンが1回接種するだけで有効であることがわかれば、これは重要な進歩となるでしょう。子宮頸がんの発生率が高いコスタリカを対象にした、サーバリックス®の地域密着型臨床試験由来データの最新解析から、1回接種するだけでHPVの自然感染時の約9倍を超える抗HPV抗体が産生され、抗HPV抗体価が7年以上持続したことが分かりました(22)。また、HPV感染率は7年以上低下したままです(23)。現在、ランダム化臨床試験によりはHPVワクチンの1回接種がHPV感染に対して十分な防御効果を示すかどうか評価が行われています(24,25)。

研究者らは、HPV感染歴のある女性においてがんの発症を予防することができるような、HPV治療用ワクチンの開発に取り組んでいます(26–28)。こうしたワクチンは、特異的に感染細胞を標的とし、殺傷するように免疫系を刺激することで作用します。現行の臨床試験は、HPV関連の子宮頸部や外陰部の病変の治療を目的とするDNA ワクチンの安全性と有効性を検証中です。理想的な戦略は予防ワクチンと治療用ワクチンの併用になるでしょう。

現在研究中のもう1つの予防戦略は局所性殺ウイルス薬です。カラギーナンは海藻の一種から抽出され、食品や他の製品に幅広く使用される化合物ですが、基礎研究においてはこのカラギーナンがHPV感染を阻害することが分かりました。現在、カラギーナン含有ゲル製剤が健常人における性器HPV感染症を予防できるかどうかを検証する臨床試験が進行中です。

主要参考文献

  1. Chaturvedi AK, Engels EA, Pfeiffer RM, et al. Human papillomavirus and rising oropharyngeal cancer incidence in the United States. Journal of Clinical Oncology 2011; 29(32):4294–4301. [PubMed Abstract]
  2. Gillison ML, Chaturvedi AK, Lowy DR. HPV prophylactic vaccines and the potential prevention of noncervical cancers in both men and women. Cancer 2008; 113(10 Suppl):3036-3046. [PubMed Abstract]
  3. Koutsky LA, Ault KA, Wheeler CM, et al. A controlled trial of a human papillomavirus type 16 vaccine. New England Journal of Medicine 2002; 347(21):1645-1651. [PubMed Abstract]
  4. Chatterjee A. The next generation of HPV vaccines: Nonavalent vaccine V503 on the horizon. Expert Review of Vaccines 2014; 13(11):1279-90. [PubMed Abstract]
  5. World Health Organization. Human papillomavirus vaccines: WHO position paper, May 2017-Recommendations. Vaccine 2017; 35(43):5753-5755. [PubMed Abstract]
  6. Kavanagh K, Pollock KG, Cuschieri K, et al. Changes in the prevalence of human papillomavirus following a national bivalent human papillomavirus vaccination programme in Scotland: a 7-year cross-sectional study. The Lancet. Infectious Diseases2017; 17(12):1293-1302. [PubMed Abstract]
  7. Kjaer SK, Nygård M, Dillner J, et al. A 12-year follow-up on the long-term effectiveness of the quadrivalent human papillomavirus vaccine in 4 Nordic countries. Clinical Infectious Diseases 2018; 66(3):339-345. [PubMed Abstract]
  8. Naud PS, Roteli-Martins CM, De Carvalho NS, et al. Sustained efficacy, immunogenicity, and safety of the HPV-16/18 AS04-adjuvanted vaccine: Final analysis of a long-term follow-up study up to 9.4 years post-vaccination. Human Vaccines and Immunotherapeutics 2014; 10(8):2147-2162. [PubMed Abstract]
  9. Huh WK, Joura EA, Giuliano AR, et al. Final efficacy, immunogenicity, and safety analyses of a nine-valent human papillomavirus vaccine in women aged 16-26 years: a randomised, double-blind trial. Lancet 2017; 390(10108):2143-2159. [PubMed Abstract]
  10. Giuliano AR, Palefsky JM, Goldstone S, et al. Efficacy of quadrivalent HPV vaccine against HPV Infection and disease in males. New England Journal of Medicine 2011; 364(5):401-411. [PubMed Abstract]
  11. Kreimer AR, Gonzalez P, Katki H, et al. Efficacy of a bivalent HPV 16/18 vaccine against anal HPV 16/18 infection among young women: A nested analysis within the Costa Rica Vaccine Trial. Lancet Oncology 2011; 12(9):862–870. [PubMed Abstract]
  12. Herrero R, Quint W, Hildesheim A, et al. Reduced prevalence of oral human papillomavirus (HPV) 4 years after bivalent HPV vaccination in a randomized clinical trial in Costa Rica. PLoS One 2013; 8(7):e68329. [PubMed Abstract]
  13. Ali H, Guy RJ, Wand H, et al. Decline in in-patient treatments of genital warts among young Australians following the national HPV vaccination program. BMC Infectious Diseases 2013; 13:140. [PubMed Abstract]
  14. Steinbrook R. The potential of human papillomavirus vaccines. New England Journal of Medicine 2006; 354(11):1109–1112. [PubMed Abstract]
  15. Jemal A, Simard EP, Dorell C, et al. Annual Report to the Nation on the Status of Cancer, 1975-2009, featuring the burden and trends in human papillomavirus (HPV)-associated cancers and HPV vaccination coverage levels. Journal of the National Cancer Institute 2013; 105(3):175-201. [PubMed Abstract]
  16. Gee J, Naleway A, Shui I, et al. Monitoring the safety of quadrivalent human papillomavirus vaccine: Findings from the Vaccine Safety Datalink. Vaccine 2011; 29(46):8279-8284. [PubMed Abstract]
  17. Arnheim-Dahlström L, Pasternak B, Svanström H, Sparén P, Hviid A. Autoimmune, neurological, and venous thromboembolic adverse events after immunisation of adolescent girls with quadrivalent human papillomavirus vaccine in Denmark and Sweden: Cohort study. British Medical Journal 2013; 347:f5906. [PubMed Abstract]
  18. Stokley S, Jeyarajah J, Yankey D, et al. Human papillomavirus vaccination coverage among adolescents, 2007-2013, and postlicensure vaccine safety monitoring, 2006-2014–United States. MMWR Morbidity and Mortality Weekly Report 2014; 63(29):620-624.  [PubMed Abstract]
  19. Gee J, Weinbaum C, Sukumaran L, Markowitz LE. Quadrivalent HPV vaccine safety review and safety monitoring plans for nine-valent HPV vaccine in the United States.Human vaccines & immunotherapeutics 2016; 12(6):1406-1417.  [PubMed Abstract]
  20. Markowitz LE, Dunne EF, Saraiya M, et al. Human papillomavirus vaccination: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP).Morbidity and Mortality Weekly Report 2014; 63(RR-05):1-30. [PubMed Abstract]
  21. Hildesheim A, Herrero R, Wacholder S, et al. Effect of human papillomavirus 16/18 L1 viruslike particle vaccine among young women with preexisting infection: A randomized trial. JAMA 2007; 298(7):743–753. [PubMed Abstract]
  22. Kreimer AR, Herrero R, Sampson JN, et al. Evidence for single-dose protection by the bivalent HPV vaccine-Review of the Costa Rica HPV vaccine trial and future research studies. Vaccine 2018 Jan 20. pii: S0264-410X(18)30018-5. [PubMed Abstract]
  23. Safaeian M, Sampson JN, Pan Y, et al. Durability of protection afforded by fewer doses of the HPV16/18 vaccine: The CVT Trial. Journal of the National Cancer Institute 2018; 110(2). doi: 10.1093/jnci/djx158. [PubMed Abstract]
  24. Kreimer AR, Sherman ME, Sahasrabuddhe VV, Safaeian M. The case for conducting a randomized clinical trial to assess the efficacy of a single dose of prophylactic HPV vaccines among adolescents. Journal of the National Cancer Institute 2015; 107(3). pii: dju436. doi: 10.1093/jnci/dju436
  25. Sampson JN, Hildesheim A, Herrero R, et al. Design and statistical considerations for studies evaluating the efficacy of a single dose of the human papillomavirus (HPV) vaccine. Contemporary Clinical Trials 2018; 68:35-44. [PubMed Abstract]
  26. Hancock G, Hellner K, Dorrell L. Therapeutic HPV vaccines. Best practice & research.Clinical obstetrics & gynaecology 2018; 47:59-72. [PubMed Abstract]
  27. Yang A, Farmer E, Wu TC, Hung CF. Perspectives for therapeutic HPV vaccine development. Journal of Biomedical Science 2016; 23(1):75. [PubMed Abstract]
  28. Trimble CL, Morrow MP, Kraynyak KA, et al. Safety, efficacy, and immunogenicity of VGX-3100, a therapeutic synthetic DNA vaccine targeting human papillomavirus 16 and 18 E6 and E7 proteins for cervical intraepithelial neoplasia 2/3: a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 2b trial. Lancet 2015; 386(10008):2078-2088.[PubMed Abstract]

 

参考文献

Cervical Cancer—Patient Version(原文)

ヒトパピローマウイルス(HPV)とがん(日本語訳)

子宮頸がん検査について:パップテストとHPV検査(日本語訳)

 

2018年5月16日更新

翻訳渡邊 岳

監修朝井 鈴佳(獣医学・免疫学)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事