FDAが多発性骨髄腫にレナリドミド+Dex併用でカルフィルゾミブを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが多発性骨髄腫にレナリドミド+Dex併用でカルフィルゾミブを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが多発性骨髄腫にレナリドミド+Dex併用でカルフィルゾミブを承認

FDA(米国食品医薬品局)

Oncology Approved Drug

 

2015年7月24日、米国食品医薬品局(FDA)は、1~3種類の治療歴のある再発した多発性骨髄腫の患者に対する治療として、carfilzomib[カルフィルゾミブ](商品名:Kyprolis[カイプロリス]、Amgen社の子会社、Onyx Pharmaceuticals, Inc.社)を、レナリドミドとデキサメタゾンとの併用で承認した。

 

本承認は、多施設共同、非盲検試験(PX-171-009 ASPIRE試験)で無増悪生存期間(PFS)の改善が示されたことに基づいたものである。本試験は、1~3種類の治療後に再発したまたは寛解しなかった多発性骨髄腫患者792人が参加した。患者は、レナリドミド+デキサメタゾンの2剤併用群またはこれにカルフィルゾミブを併用した3剤併用群に1:1で無作為に割り付けられ、いずれも18サイクルの投与が実施された。その後、レナリドミドとデキサメタゾンは増悪が認められるまで継続された。2剤併用群からカルフィルゾミブを追加する3剤併用群へのクロスオーバーは計画されなかった。

 

独立した審査委員会により、無増悪生存期間の統計的に有意な延長が示された[ハザード比0.69(95%信頼区間:0.57~0.83);p=0.0001、層別化ログランク検定]。無増悪生存期間の中央値は、3剤併用群26.3カ月に対し、2剤併用群17.6カ月であった。治療効果はいずれのサブグループでも観察されたが、効果の程度は、試験開始時の腫瘍量が多い患者で減弱していた[無増悪生存期間中央値での改善:ISS(国際病期分類)ステージIで11カ月、ステージIIで8カ月、ステージIIIで2カ月]。

 

主要な副次的評価項目である全生存期間(OS)の中間解析が同時に行われた。その結果、両群での全生存期間の差は、事前に設定された統計的有意性の境界値に到達しなかった。部分寛解以上を達成した患者は、3剤併用群では87%、2剤併用群では67%であった。

 

3剤併用療法におけるカルフィルゾミブの安全性に関するデータは、既知のものと同様であった。3剤併用群で2剤併用群より多くみられた有害事象は、心血管イベント、静脈血栓塞栓イベント(VTE)および血小板減少症であった。血栓予防薬の使用が義務付けられたプロトコールであったにもかかわらず、治療の1~12サイクルにおけるVTE発現率は、3剤併用群で13%、2剤併用群で6%であった。

 

改訂された薬剤ラベルには、VTE、心毒性、急性腎不全、肺毒性および高血圧に対する新たな警告と使用上の注意が追記された。また、高齢患者では死亡率など危険性が増加することも追記された。添付文書におけるカルフィルゾミブ単剤療法の安全性情報の詳細も更新された。

 

医療従事者は、カルフィルゾミブ単剤投与またはレナリドミドおよびデキサメタゾンとの併用投与における推奨投与スケジュールが改訂されたことに注意すべきである。

 

臨床試験情報、安全性、用法・用量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報は以下で入手可能である。

http://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2015/202714s009lbl.pdf

原文掲載日

翻訳大澤朋子

監修野崎健司(血液内科/住友病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  7. 7非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他