NCI声明:国際癌研究機関、携帯電話を「発癌性があるかもしれない」と分類 | 海外がん医療情報リファレンス

NCI声明:国際癌研究機関、携帯電話を「発癌性があるかもしれない」と分類

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

NCI声明:国際癌研究機関、携帯電話を「発癌性があるかもしれない」と分類

NCIニュース

世界保健機関の国際癌研究機関(IARC)は今日、携帯電話の使用およびその他の無線周波数電磁界を、発癌性があるかもしれない(グループ2B)と分類した。これは新たな研究ではなく、従来の研究結果に対立するものでもない。

 

IARCとNCIは、脳腫瘍の傾向と、ヒトおよび実験動物を対象とした研究から得られる新たなエビデンスについて、モニタリングを継続するよう勧告している。特に、長期使用と若年者の使用に対するリスクの評価が重要になるだろう。またIARCは、さらに研究が進められる間、曝露を減らす具体的な対策(例えば、ハンズフリーでの使用、携帯メール)を勧めている。

 

携帯電話の使用と発癌リスクに関する主要な研究と見なされているInterphoneは、全般的に、脳腫瘍の最も一般的な形態である神経膠腫と髄膜腫のリスクが携帯電話使用者では増加しないと報告している。また、同研究では、通話回数、通話時間、携帯電話の使用年数の増加に伴ってリスクが増加することもない、としている。被験者のうち携帯電話の合計使用時間が最も長かったごく一部のグループでは、神経膠腫のリスクがいくぶん高かったが、研究者らはこの知見を決定的ではないと見なした。さらに、デンマークにおける大集団ベースのコホート研究によれば、脳腫瘍のリスクが増加するというエビデンスは認められていない。同集団において、脳腫瘍の発生率と死亡率が過去10年間ほとんど変わっていないことは注目すべきである。

 

米国国立環境健康科学研究所の国家毒性プログラム(NTP)の主導で、携帯電話の無線周波数曝露に関し、げっ歯類を用いて、これまでで最大規模の研究が進められている。NTPの研究では、携帯電話の放射線への曝露による健康被害の可能性を評価することになっている。同研究は、ヒトへの曝露を模倣するよう計画されており、米国で現在使用されている周波数および変調に基づいている。

 

 

 

原文掲載日

翻訳丸野 有利子

監修北丸 綾子(分子生物学/理学博士、実務翻訳者)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5早期乳がんの一部は小さくても悪性度が高い
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8治療が終了した後に-認知機能の変化
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10がんに対する標的光免疫療法の進展

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他