HIV感染患者を対象に肛門の前がん治療および予防を目的とした多施設共同試験が開始 | 海外がん医療情報リファレンス

HIV感染患者を対象に肛門の前がん治療および予防を目的とした多施設共同試験が開始

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

HIV感染患者を対象に肛門の前がん治療および予防を目的とした多施設共同試験が開始

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日:2015年4月29日

 

米国国立がん研究所(NCI)は、ANCHOR試験(肛門がんHSIL[高度扁平上皮内病変]予後研究試験)と呼ばれる多施設共同第3相臨床試験を開始した。この試験は、HIV感染者におけるHSIL治療が、肛門がんの進行を防げるかどうかを判定することを目的としている。肛門HSILは、がんを引き起こす型のヒトパピローマウイルス(HPV)感染が原因で肛門管内の組織が異常に増殖した状態であり、肛門がんへと進行するリスクがある。現在、HIV陽性、陰性に関わらず、肛門HSIL患者に対する治療は定まっていない。肛門がんの症例数は、特にHIV感染患者で増加している。肛門がんの原因の95%以上と推測されているがんを引き起こすHPV型の感染の有病率は、HIV陽性集団の方がHIV陰性の集団に比べ、はるかに高い。男性と性交渉を持つHIV陽性男性の85〜95%、HIV陽性女性の76〜90%、さらに異性愛のHIV陽性男性の60%ががんを引き起こすHPV型に感染している。対照的に、HIV陰性で異性愛の男性における肛門がんの大部分の原因となっているHPV-16型および/またはHPV-18型の肛門感染の有病率は、約5%と報告されている。肛門がんの発症率は、HIV感染者の方が一般集団の患者と比較して約30倍高いことが、大規模な試験により明らかにされている。

 

ANCHOR試験では、肛門HSILに対する治療が、HIV感染男性および女性における肛門がんの続発を減少する効果を有するかどうかを、通常の検査で監視を行った際と比較して評価する予定である。試験では数種の異なる局所療法または外科療法が行われる。局所療法は、イミキモドまたはフルオロウラシルの外用が挙げられ、外科療法は、凝固療法、電気焼灼術、レーザー治療が挙げられる。本試験はこれらの治療の安全性に関しても判定する。本試験は、肛門がんのリスクが極めて高い35歳以上のHIV陽性の男女を対象として行われる。本試験は、NCIがサポートするエイズ悪性腫瘍コンソーシアムを通じて実施され、ANCHOR HRA Training and Certification Committeeによって認められた、拡大肛門鏡検査(HRA)または肛門HSIL治療の資格を有する専門医が常駐している施設で行われる。15カ所以上の施設の参加が見込まれている。詳細はhttp://www.anchorstudy.org Exit Disclaimer参照のこと。

 

原文

翻訳滝川俊和 

監修野長瀬祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  9. 9リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他