米国の癌サバイバーのうち3分の1が経済的または就労上の困難を抱えている可能性(ASCO緩和ケアシンポジウム2014) /米国臨床腫瘍学会(ASCO) | 海外がん医療情報リファレンス

米国の癌サバイバーのうち3分の1が経済的または就労上の困難を抱えている可能性(ASCO緩和ケアシンポジウム2014) /米国臨床腫瘍学会(ASCO)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

米国の癌サバイバーのうち3分の1が経済的または就労上の困難を抱えている可能性(ASCO緩和ケアシンポジウム2014) /米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース

 

*この要約には抄録にはない最新データが記載されています

約1,600人の癌サバイバーを対象とした最近の調査の結果、経済的および就労関連の困難を抱えるケースが多いことが示唆された。27%が少なくとも1つの経済的問題(たとえば、借金、破産など)を報告し、37%が長期休暇を取ったり退職を遅らせるなど、就労上の計画を変更する必要があったことを報告した。女性、若年者、人種または民族少数派、および医療保険未加入者のサバイバーはいずれも、これらの困難の負担を負っている割合が高かった。

 

以前の研究の大多数は、小規模な癌患者のサブグループに焦点を当てたり、医療費について調査したものであったが、サバイバーが抱える実際の経済的負担については触れていなかった。本研究は、癌サバイバーからなる全国の大規模な代表集団において、経済的負担の格差を探索する初の研究である。

 

「多くの癌サバイバー、特に若年者や貧困層出身者が経済的または就労上の困難に見舞われており、それは医療保険に加入していた場合または治療後数年経った場合でさえも同様です」と本研究の主著者で、癌サバイバーであり、カリフォルニア大学デービス校Betty Irene Moore看護学校の博士課程学生でもあるRobin Whitney看護理学士は述べた。「これらの問題は生活の質や健康状態に著しく影響を与えるため、問題を解決することは、質の高い癌医療を提供する上での重要な側面です」。

 

本研究では、より大規模な研究(2011 Medical Expenditures Panel Survey Experiences with Cancer Survivorship Supplement)で調査の対象となった参加者の部分集団に焦点が当てられた。調査対象となったサバイバー1,592人のうち、47%は65歳未満、56%は女性、88%は白人、4%は医療保険未加入であった。治療状態に関しては、14%が治療中、46%が治療後5年未満、39%が治療後5年以上であった。

 

全般的に、調査対象となったサバイバーの27%が少なくとも1つの経済的困難を報告し、また37%が癌の診断により少なくとも1つの就労上の変更を行ったと報告した。治療中のサバイバーは、治療後5年未満のサバイバーに比べて、経済的困難を120%多く報告した。65歳未満のサバイバーは65歳以上のサバイバーに比べて、経済的困難を130%多く報告し、医療保険未加入のサバイバーは加入いているサバイバーに比べて67%多く経済的困難を報告し、また非白人人種または少数民族は42%多く経済的困難を報告した。女性は男性に比べて少なくとも1つの就労上の変更を行うことが有意に多かった。治療中の患者は、治療後5年未満のサバイバーに比べて就労上の変更を行うことが120%多く、非白人の少数派は、白人に比べて就労上の変更を行うことが57%多かった。

 

著者らによると、本研究の調査結果は、米国の地域住民について一般化できるものであり、癌サバイバーシップ、すなわち診断からその後長期にわたるサバイバーとしての生活の全過程で生じる経済的および就労上の困難を、スクリーニングし援助することが急務であることを示すものである。米国臨床腫瘍学会(ASCO)を含む全国組織の数団体では、経済的および就労上の問題を抱えるサバイバーに役立つ情報源を提供している。

 

原文掲載日

翻訳星野 恭子

監修後藤悌(呼吸器内科/東京大学大学院医学系研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他