OncoLog11-12月号◆In Brief「NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連がある可能性 」 | 海外がん医療情報リファレンス

OncoLog11-12月号◆In Brief「NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連がある可能性 」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

OncoLog11-12月号◆In Brief「NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連がある可能性 」

MDアンダーソンがんセンター月刊OncoLog誌2013年11-12月号

MDアンダーソン OncoLog 2013年11-12月号(Volume 58 / Numbers 11-12)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL最新号URL

 

NF-κBは神経膠芽腫の治療抵抗性と関連があるかもしれない

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの研究者が統括する国際グループの新たな研究によると、炎症関連の転写因子NF-κBとそのシグナル伝達経路は膠芽腫の悪性度および治療抵抗性の主な要因であるかもしれない。

 

本研究は、膠芽腫の悪性度に関するリスク因子と寄与因子を同定する進行中の取り組みの一つである。同研究グループは膠芽腫細胞の2つの異なるサブタイプを分離し、細胞培養においてより浸潤度が高く放射線抵抗性を示す間葉系サブタイプが、自発的に、悪性度が低い前神経サブタイプに変換することを示した。また、この変換は、培地にNK-κB活性化剤を添加することにより逆行することもわかった。

 

細胞は、悪性度が低い前神経サブタイプから悪性度が高い間葉系サブタイプに移行する可能性があることは知られていたが、これを制御するメカニズムは解明されていなかった。

 

放射線腫瘍科助教授で本研究報告の共同著者でもあるErik Sulman医学博士は、「浸潤および血管新生に関連のある遺伝子発現を特徴とする腫瘍細胞の間葉系サブタイプへの移行は放射線抵抗性につながる」と述べた。

 

本所見は11月にCancer Cell誌で発表された。

 

研究者が膠芽腫細胞の特徴も明らかにしようと複数の患者から同細胞を採取し培養した際に驚くべき発見があった。もともと間葉系サブタイプの細胞だった多くの細胞が培養により前神経サブタイプの細胞に変換したのである。膠芽腫細胞は生体内で低悪性度の状態に逆行することはほとんどなく、結果は予期せぬものであった。

 

これを踏まえ、研究チームは、この逆行について可能性あるメカニズムを検討した。NK-κBシグナル伝達活性化サイトカインである腫瘍壊死因子αで前神経サブタイプの膠芽腫細胞を処理したところ、培養された細胞は放射線抵抗性を示す間葉系サブタイプへと確実に変換された。また、この作用はNF-κBシグナル伝達を阻害することにより確実に元に戻すことができた。

 

本所見は、前神経サブタイプの細胞から間葉系サブタイプの細胞への典型的な移行においてNF-κBのシグナル伝達が重要な役割を果たすことを示している。Sulman医師によると、これらの結果は、炎症性反応を阻害し腫瘍細胞の標準放射線療法に対する感受性を高めることで、膠芽腫患者の予後が改善されることを示唆するものである。

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳宮武洋子

監修西川 亮 (脳・脊髄腫瘍/埼玉医科大学国際医療センター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他