[ 動画 ]

予後の受け止め方:がんの予後を受け止める

日本語動画のURL:https://youtu.be/JWb5hb2b8_4

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 
◆─────────────────◆

自分ががんと診断されたら、「回復の見込みはどうなのか? 治るのか? 病気の経過はどうなるのか?」と思い巡らすのは当然です。進行がんであれば、「余命はど­れくらい?」と尋ねる場合もあるでしょう。このような疑問はどれも、あなたのがんの予後­に関するものです。米国国立がん研究所(NCI)が制作した「がんの予後を受け止める」­は、NCIビデオ予後シリーズの中心となるもので、3人のがん患者と主治医のAntho­ny L. Back医師(がん専門医で米国の医師・患者コミュニケーションの専門家でもある)のそれぞれの視点を紹介します。このビデオを視聴して、予後に関する重要な点や、どのように話し合えばいいかを学び、各患者が自分の将来に対する疑問にどう取り組んでいる­のかを見て、貴重なヒントを得てください。関連ビデオやがんの予後に対する理解、がんの生存割合の統計データはhttp://www.cancer.gov/prognosisを参照。
 
出演者(出演順):
Andrew Taylor(非ホジキンリンパ腫患者)
Venessa Jensen(大腸がん患者)とその夫Roy
Barbara Siemion(膵臓がん患者)
Anthony L. Back医師(ワシントン大学大学院腫瘍学部教授)
 
◆─────────────────◆ 
日本語版公開日: 2013/07/3 (2014/6/24修正)

翻訳担当者鈴木久美子

字幕指導瀧ノ島ルナ

監修久保田馨(化学療法科/日本医科大学付属病院)

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事