予後の受け止め方:がんの予後を受け止める/米国国立癌研究所(NCI) | 海外がん医療情報リファレンス

予後の受け止め方:がんの予後を受け止める/米国国立癌研究所(NCI)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

予後の受け止め方:がんの予後を受け止める/米国国立癌研究所(NCI)

日本語動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=n7jgTCXaa0I

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画(日本語字幕付き)にです。

出演者(出演順):
Andrew Taylor(非ホジキンリンパ腫患者)
Venessa Jensen(大腸癌患者)とその夫Roy
Barbara Siemion(膵臓癌患者)
Anthony L. Back医師(ワシントン大学大学院腫瘍学部教授)
原語動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=LnfOHU…

自分が癌と診断されたら、「回復の見込みはどうなのか? 治るのか? 病気の経過はどうなるのか?」と思い巡らすのは当然です。進行癌であれば、「余命はど­れくらい?」と尋ねる場合もあるでしょう。このような疑問はどれも、あなたの癌の予後­に関するものです。米国国立癌研究所(NCI)が制作した「がんの予後を受け止める」­は、NCIビデオ予後シリーズの中心となるもので、3人の癌患者と主治医のAntho­ny L. Back医師――癌専門医で米国の医師・患者コミュニケーションの専門家でもある――­のそれぞれの視点を紹介します。このビデオを視聴して、予後に関する重要な点や、どのように話し合えばいいかを学び、各患者が自分の将来に対する疑問にどう取り組んでいる­のかを見て、貴重なヒントを得てください。関連ビデオや癌の予後に対する理解、癌の生存割合の統計データはhttp://www.cancer.gov/prognosisを参照。
日本語版公開日: 2013/07/3 (2014/6/24修正)

If you’ve been diagnosed with cancer it’s natural to wonder, “What are my chances of recovery? Can I be cured? What is the likely course of my disease?” If your cancer is advanced, you may ask, “How long do I have to live?” These are all questions about your cancer prognosis. Produced by the National Cancer Institute (NCI), “Understanding Your Cancer Prognosis” is the main video in the NCI Prognosis Video Series, which offers the perspectives of three cancer patients and their doctor, Anthony L. Back, M.D. — an oncologist who is also a national expert in doctor-patient communication. View the main video to learn key points about prognosis and how to talk about it, and to gain valuable insight from the personal ways each patient has approached questions about their future. To see the related videos and to find other helpful information about how to understand your cancer prognosis and cancer survival statistics, go to http://www.cancer.gov/prognosis.

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  6. 6ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアン...
  7. 7BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  8. 8若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他