オマセタキシンのFDA承認 | 海外がん医療情報リファレンス

オマセタキシンのFDA承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

オマセタキシンのFDA承認

原文 2012/10/30掲載  2013/07/03更新

商品名:Synribo®

臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で参照できます。

2012年10月26日に米国食品医薬品局(FDA)は、2種類以上のチロシンキナーゼ阻害剤に対し抵抗性を示すかまたは忍容性のない、慢性期または移行期の成人の慢性骨髄性白血病(CML)患者の治療薬として、オマセタキシン(Synribo®皮下注射液 テバ製薬製造)を迅速承認しました。

今回の迅速承認は慢性期の慢性骨髄性白血病 (CML-CP) または移行期の慢性骨髄性白血病 (CML-AP)患者が登録した2つの非盲検単一群臨床試験の成績を合わせたデータに基づくものです。

有効性評価の対象には、イマチニブを含む少なくとも2剤のチロシンキナーゼ阻害剤による治療歴がある、76人の慢性期CML患者と35人の移行期CML患者が参加しました。慢性CML患者の主要評価項目は細胞遺伝学的major寛解(MCyR)、移行期CML患者の主要評価項目は血液学的major寛解(MaHR)としました。CML-CP患者の18.4%が細胞遺伝学的major寛解(寛解期間の中央値は12.5 カ月)を達成し、CML-AP 患者の14.3%が血液学的major寛解(寛解期間の中央値は4.7 カ月)を達成しました。

オマセタキシンによる治療歴がある163人(108人の慢性CML患者と55人の移行期CML患者)を解析対象として安全性データが評価されました。別の非盲検単一試験の4人の慢性期CML患者のデータがオマセタキシンの安全性解析に加えられました。合わせた安全性解析対象集団の患者の20%以上で最も多くみられたグレード1から4の有害事象は血小板減少、貧血、好中球減少、下痢、悪心、倦怠感、無力症、注射部位反応、発熱、感染症およびリンパ球減少でした。5%以上の患者で最も多くみられたグレード3から4の有害事象は血小板減少、貧血、好中球減少、 発熱性好中球減少、無力症と倦怠感、発熱および下痢でした。

オマセタキシンの最終投与後30日間以内の死亡が、10例報告されました。死亡の原因は、疾患の進行が4例、脳内出血が4例、多臓器不全が1例、および原因不明が1例でした。

推奨初回投与量および投与スケジュールは、28日サイクルで、14日間1日2回オマセタキシン1.25 mg/m2を皮下注射するものとします。維持量および投与スケジュールは7日間1日2回28日サイクルでオマセタキシン1.25 mg/m2を皮下注射するものとします。

本概要はFDA血液腫瘍製品室長Richard Pazdur医師が作成いたしました。

この薬剤情報のサマリーは、FDA抗腫瘍薬製品室長のRichard Pazdur医師により作成されています。米国食品医薬品局(FDA)とは米国保健社会福祉省(HHS)の一部門で、新薬その他の製品の安全性と有効性を確保するための機関です。 (FDA:医薬品・医療機器の承認方法の理解(原文)を参照。
FDAの使命は、安全かつ有効な製品の迅速な市場流通を促し、流通後も継続的に製品の安全性を監視することによって、国民の健康を守り、推進することです。

 

原文掲載日

翻訳芝原広子

監修辻村信一(獣医学/農学博士/メディカルライター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他