カメラが見たがん研究:神経芽細胞腫の分子機構/NCI | 海外がん医療情報リファレンス

カメラが見たがん研究:神経芽細胞腫の分子機構/NCI

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

カメラが見たがん研究:神経芽細胞腫の分子機構/NCI

日本語動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=qLPoKiFgJlI

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画(日本語字幕付き)です。

小児腫瘍部門細胞分子生物セクション長であるDr. Carol Thiele氏が、神経芽細胞腫細胞の分子メカニズムの研究を行っているラボを案内します。
Thiele氏は、神経芽細胞腫に対する新たな治療アプローチを開発する際の主因子である様々な合成物と反応させた時、この腫瘍細胞が増殖するかあるいは分化するかを研究­している。
神経芽細胞腫患者にとって、毒性が低くより効果的な治療法開発の進展をご覧ください。

原語動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=dNS68VEX9hs

【この字幕版は、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの”マイ・オンコロジー・ドリーム”助成金により日本癌医療翻訳アソシエイツが作成しました。】

Dr. Carol Thiele, Head of the Cell and Molecular Biology Section in the Pediatric Oncology Branch, takes you into her lab where she researches the molecular mechanisms of neuroblastoma cells. Dr. Thiele studies whether these cells proliferate or differentiate in response to various compounds, a key factor for developing new therapeutic approaches to treat neuroblastoma. Watch and listen to Dr. Thiele’s progress in discovering less toxic and more effective therapies for neuroblastoma patients. Learn more about Dr. Thiele’s research at http://ccr.cancer.gov/staff/staff.asp?profileid=5597

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんの転移
  2. 2FDAが特定の遺伝子特性を有するあらゆる固形がんにペ...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6乳がん術前化学療法後に完全奏効(pCR)の患者では局...
  7. 7OncoLog 2015年8月号◆BCG不応性膀胱が...
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  10. 10放射線照射後の頭頸部がん再発は腫瘍のPD-L1高発現...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他