[ 記事 ]

糖尿病治療薬、膀胱癌リスクを高める可能性

キャンサーコンサルタンツ

Canadian Medical Association Journal誌電子版で先に公表された試験によると、チアゾリジンジオン系と呼ばれる一群に分類される薬剤は、2型糖尿病成人患者において膀胱癌のリスク増加と関連していた。

 

米国では毎年約6万人が膀胱癌と診断されている。膀胱癌は高齢者により多くみられる。2型糖尿病患者は膀胱癌のリスクが40%高い。さらに、いくつかの研究結果から、チアゾリジンジオン系のひとつであるピオグリタゾンを服用している患者は膀胱癌の発現率がいっそう高いことが明らかになった。

 

チアゾリジンジオン系薬剤と膀胱癌の関係を検討するため、研究者らは260万人の患者を組み入れたランダム化比較対照臨床試験および観察研究の系統的レビューおよびメタアナリシスを行った。そして膀胱癌のリスク増加がチアゾリジンジオン系、特にピオグリタゾンの服用と関連していることを認めた。

 

研究者らはチアゾリジンジオン系、特にピオグリタゾンが2型糖尿病成人患者において膀胱癌のリスク増加と関連していることを示す限定的な証拠があると結論づけた。さらに、そのリスクは小さいものの、癌のリスク増加をもたらさない、他の同等に有効な2型糖尿病治療薬を使用するのが妥当であるかもしれないと言及している。

 

参考文献:
Colmers IN, Bowker SL, Majumdar SR, Johnson JA. Use of thiazolidinediones and the risk of bladder cancer among people with type 2 diabetes: a meta-analysis. Canadian Medical Association Journal. Published early online July 3, 2012 DOI: 10.1503/cmaj.112102

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳可部真知子

監修廣田 裕(呼吸器外科/とみます外科プライマリーケアクリニック)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事