がん研究の今:若年がん患者の妊よう性の問題/米国国立癌研究所(NCI) | 海外がん医療情報リファレンス

がん研究の今:若年がん患者の妊よう性の問題/米国国立癌研究所(NCI)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

がん研究の今:若年がん患者の妊よう性の問題/米国国立癌研究所(NCI)

日本語動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=2-Fr7KRRWrQ

19歳から35歳の年齢にあるがん患者には、治療がいかに妊よう性(生殖能力温存)に影響するかなど、特別な問題が多くある。このビデオでは、腫瘍専門医、患者アドボケート、若年のがんサバイバーが妊よう性の温存、最近の研究課題および政策課題に関して討議しています。2011年1月11日にNCIキャンサーブレティンで紹介されました。­(http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/011111?cid=YTncigov), 記事は「がんと闘いながら妊孕性(にんようせい)を温存(Preserving Fertility While Battling Cancer)です。(http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/011111/page5?cid=YTncigov)

出演者
ベッキー・ジョンソン医師 (シアトル小児病院 小児腫瘍科)
ブライアン (がんサバイバー)
ジェシカ (がんサバイバー)
トレバ― (がんサバイバー)
アンディー・ミラー (リブストロング)

原語動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=pQ4GVM-0fbY

【この字幕版は、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの”マイ・オンコロジー・ドリーム”助成金により日本癌医療翻訳アソシエイツが作成しました。】

Cancer patients between the ages of 19 and 35 have many special concerns, including how treatment will affect their fertility. In this video an oncologist, a patient advocate, and young adult cancer survivors discuss options for preserving fertility, current research questions, and policy concerns. The video appears in the January 11, 2011 NCI Cancer Bulletin (http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/011111?cid=YTncigov), with the article “Preserving Fertility While Battling Cancer.” (http://www.cancer.gov/ncicancerbulletin/011111/page5?cid=YTncigov)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  6. 6ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアン...
  7. 7BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  8. 8若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他