米国の人口データでは、携帯電話普及期における脳腫瘍罹患率の増加は見られず | 海外がん医療情報リファレンス

米国の人口データでは、携帯電話普及期における脳腫瘍罹患率の増加は見られず

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

米国の人口データでは、携帯電話普及期における脳腫瘍罹患率の増加は見られず

NCIニュースノート 

米国の癌罹患率に関するデータの新研究において、NCIの研究者らは、脳腫瘍の主な種類であり、携帯電話使用との関連が疑われている神経膠腫の罹患率は概ね変化していないと報告した。研究者らの発見によれば、携帯電話の使用が(ほぼゼロから人口の約100パーセントにまで)大幅に増加した1992年から2008年の間、米国の神経膠腫の罹患率は携帯電話使用の増加を反映するものではなかった。この研究結果は2012年3月8日にBritish Medical Journal誌のオンライン版に掲載された。

研究者らは米国のデータを、米国より早く携帯電話の使用が普及していたヨーロッパで実施された2つの研究のデータと比較した。2つの研究とは、国際癌研究機関(IARC)のインターフォン研究と、2011年に発表されたスウェーデンの研究であるが、これらはIARCがその後2011年に携帯電話が発する電磁波を人体にとって発癌性を有する可能性があると再分類した際の主要な証拠となった研究である。(詳細については、 IARC報告についてのNCIの声明を参照のこと。)この新たな分析で、NCIの研究者らは、1992年から2008年までの同研究所のSEERプログラムの12の癌登録で観察された神経膠腫の罹患率と、インターフォン研究およびスウェーデンの研究で観察されたリスクに基づく推定罹患率とを比較した。全研究期間にわたり、神経膠腫の罹患率パターンは全年齢層においてほぼ一定であった。インターフォン研究ではごく一部のヘビーユーザーの間で若干のリスク増加が発見されたが、同研究に基づいた推定罹患率は観察された罹患率と統計学的な差異はなかった。その一方で、スウェーデンの研究に基づく推定罹患率は実際の罹患率と一致せず最低でも40パーセント高かった。著者は、携帯電話の使用パターンや科学技術の変化、腫瘍の潜伏期間が現在までの観察期間より長い可能性など、多くの理由により、神経膠腫罹患率の継続的な調査を推奨している。

 

原文掲載日

翻訳寺澤多恵

監修橋本 仁(獣医学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6DNAシーケンシング試験により希少がんに既存薬の適用...
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  9. 9FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして...
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他