女性が気をつけたい婦人科癌の10の症状/MDアンダーソンがんセンター | 海外がん医療情報リファレンス

女性が気をつけたい婦人科癌の10の症状/MDアンダーソンがんセンター

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

女性が気をつけたい婦人科癌の10の症状/MDアンダーソンがんセンター

MDアンダーソンの専門医が勧める女性が医師に受診すべき徴候
M.D.アンダーソンがんセンター
2012年1月5日

ヒューストン — 骨盤痛と腹部出血だけが婦人科癌の徴候ではない。1月は子宮頸癌啓発月間であり、その一貫としてMDアンダーソンがんセンターの専門医がこのほかに見過ごしやすい症状を伝えている。

アメリカでは毎年、8万人以上の女性が子宮頸癌子宮内膜癌(子宮体癌ともいう)、卵巣癌などの婦人科癌であると診断されている。

MDアンダーソン癌予防センター長のTherese Bevers医師が次のように語っている。「このような癌は症状がはっきりしないことが多いので、ほかの重篤ではない疾患と思い違いをする女性が多いのが残念です 。婦人科の癌はふつう、早期に発見されればほとんどが治療可能なので、何を探しているのかを正確に知っておくことが大切です」。

女性なら誰でも気をつけたい子宮頸癌をはじめとする婦人科癌の10の症状を下記にあげる。「このような症状が現れたら、特に更年期を過ぎている場合、医師に相談してください」とBevers氏は言う。

1. 足のむくみ 特に理由もないのに、片方の脚がむくんで見えたり、むくんでいる感じがすることはありますか。それは子宮頸癌の徴候かもしれません。ただふつう、痛みやおりもの、これ以外の子宮頸癌の症状がなければ、脚がむくんでいても癌の徴候ではありません。

2. 不正な性器出血 子宮内膜癌と診断された女性の90%以上が不正出血を経験します。閉経後の女性で出血があれば、たとえ少量であっても、必ず検査をしてもらいましょう。閉経前の女性の場合、月経中間期(月経と月経の間)の出血、大量の出血または性交時に出血があれば、医師の診察を受けましょう。

3. 原因不明の体重減少 食習慣や運動の習慣に変化がなく、体重が突然5キロ以上減少してしまったら、医師の診察を受けましょう。

4. 茶褐色のおりもの 茶褐色、褐色または匂いのあるおりものはふつう、感染症の兆しです。ただ、子宮頸癌または子宮内膜癌の徴候であることもあります。

5. 常時トイレに行きたい 常にトイレに行く必要があったり、膀胱を絶えず押されている感じがしますか。それは癌の徴候かもしれません。Bevers医師によれば、「特に膨満感、腹部痛、張りを伴うようであれば、注意が必要です」。

6. 食欲不振または常に満腹感がある 食欲がまったく湧かなかったり、いつも満腹感を感じていますか。そのような食欲の変化は卵巣癌の症状かもしれません。

7. 骨盤痛または腹部痛 腹部痛や、ガス、消化不良、圧迫感、膨満感および痙攣をはじめとする不快感が続いていることが、卵巣癌の前兆となることがあります。また、骨盤痛または圧迫感が続いていれば、子宮内膜癌の徴候であることがあります。

8. 腹部膨満感 女性は食後やたくさん飲んだりしたあと、特に月経期間中に膨満感を感じることがよくあります。ただ、2週間以上または月経が終わってもまだ膨満感が続くようであれば、卵巣癌の可能性があります。

9. 疲労が続く 疲れはふつう少し休めばとれるものです。しかし、仕事や余暇の活動に差し支える疲労が続くようであれば、医師の診察を受けましょう。

10. 消化不良または悪心が治らない 胃のむかつきがなかなか治りませんか。消化不良や吐き気がおさまらないことが、婦人科癌の兆しであることも時にあります。念のために診察を受けましょう。

「このような症状がひとつふたつあるからといって、癌であるということではありません。ただ、その症状が2週間以上続くようであれば、医師に診てもらってください。結局、用心に越したことはありません」とBevers氏は話した。

女性の健康に関するこのほかの情報については、www.mdanderson.org/focusedにあります。

***********
ギボンズ京子 訳
勝俣範之  (腫瘍内科、乳癌、婦人科癌/日本医科大学武蔵小杉病院) 監修
************


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward