ベルケード、アルケラン、プレドニンが高齢の多発性骨髄腫患者で有効 | 海外がん医療情報リファレンス

ベルケード、アルケラン、プレドニンが高齢の多発性骨髄腫患者で有効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ベルケード、アルケラン、プレドニンが高齢の多発性骨髄腫患者で有効

キャンサーコンサルタンツ
2006年10月

スペインの多施設試験で、標準的アルケラン(melphalan)+プレドニン(MP)療法にベルケード(bortezomib)との併用は、MP療法を受けた歴史的対照群(過去に実施された試験成績を比較の対照とすること)に比較して、新たに診断された高齢の多発性骨髄腫患者の予後が改善されることを示した。この第1相/2相試験の詳細は「Blood」誌2006年10月1号に掲載された。

 

多発性骨髄腫患者の最適治療は,自己幹細胞を支持療法とする高用量アルケラン(200mg/m2)やサロミドThalomid®(サリドマイド),レブリミドRevlimid®(lenalidomide)およびベルケードのような新しい薬剤の開発により急速に進化している。

 

新たに多発性骨髄腫と診断された患者の初期治療でサロミド[Thalomid]を含む療法は今もっとも一般的な導入療法である。しかしこれは将来、より毒性の少ないサロミド誘導体であるレブリミド[Revlimid]に代わるであろう。

 

ベルケードは臨床試験に到達した最初のプロテアソーム阻害剤である。プロテアソームは細胞周期、転写因子活性化、アポトーシス、細胞輸送をつかさどる調節タンパク質の分解に重要であることが明かとなってきた。前臨床および臨床のデータによってプロテアソーム阻害剤は腫瘍増殖、転移、血管新生を阻止するような複数のメカニズムを介して作用することを確認した。プロテアソームは野生型癌抑制タンパク質p53の分解や主要な転写因子NFk-Bの活性化を抑制する。加えてプロテアソームはbcl-2 遺伝子過剰発現によりアポトーシスを無効にする。ベルケードはプロテアソームの活動を抑制する高い特異性を有する。第1相および第2相試験でベルケードは忍容可能でありプロテアーゼ活性に対する用量依存性の効果を示した。最近の臨床試験では難治性骨髄腫にベルケードが有効であることを明示しセカンドライン治療としてFDAの承認に導いた。

 

現在の臨床試験は骨髄腫患者の初期治療としてベルケードの役割を確立することを目的としている。最近MDアンダーソンがんセンターの研究者はベルケード、サロミドおよびデキサメタゾンの併用で新たに多発性骨髄腫と診断された患者の19%に完全寛解をもたらした。

 

ベルケードの特有な性質は網膜芽腫遺伝子欠損(Rb欠損)とも呼ばれる第13染色体欠損[欠損(13)]に関係する不良な予後を克服するかもしれないことである。標準治療または自己幹細胞移植を受けた患者の骨髄腫細胞が従来の細胞遺伝学的検査でdel13を含む場合予後が不良である。

 

最近のスペインの試験はベルケード+MPによる治療を受けた新たに多発性骨髄腫と診断された65歳から85歳までの60人の患者が組み入れられた。この試験で患者の20%はカルノフスキー全身状態(PS)が70未満で、32%の患者は90以上であった。1サイクル以上の治療を終えた53人の患者で奏効が評価された。追跡中央値は16ヶ月であった。ベルケード-MP群と歴史的対照群のMP療法群の比較は以下の表のようになる。

 

表1:多発性骨髄腫におけるベルケード-MP群と歴史的対照MP療法群の比較

  ベルケードMP 歴史的MP療法群
患者数 53 77
全奏効率    89% 35%
完全奏効率 32% 0%
準完全奏効率 11% 9%
部分奏効率 45% 26%
16ヶ月無増悪生存率 92% 65%
16ヶ月無事象生存率 83% 51%
16ヶ月全生存率 90% 62%

   

これらの著者はベルケードMPの奏効は急速で,奏効期間中央値が2.7ヶ月であることも報告した。またこの試験でdel(13)を持つ患者は13人で8人は治療に奏効したとも報告した。ベルケード-MPは幹細胞移植が適さない骨髄腫患者でたいへん有効な治療法であることを示唆している。

 

コメント

ベルケードが骨髄腫患者の初期治療として最終的に承認される可能性を示唆するたいへん興味深い結果である。

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳内村 美里人

監修瀬戸山 修(薬学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨
  10. 10ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他